> > > ブラックでもカードローンに通った!…という実例ありますか?

ブラックでもカードローンに通った!…という実例ありますか?

興味本位で聞くんですが、金融機関からブラックリストに登録され、要注意人物と判定されたとします。その場合でもカードローンができるんでしょうか?常識的に考えたら、そんなことはあり得ないと思うんですが…実例があったら知りたいです。よろしくお願いします。

実例は、結構あります!

まず、ブラック認定された状態でも、その程度があります。例えば1度だけやむない事情で100万円の返済で延滞をしてしまった為にブラック認定された人もいるでしょうし、度重なる長期延滞をした結果、気づけばブラック認定になっていた人もいるでしょう。貸す側からすれば、どちらになら10万円貸しますか?という問題に近いものがあります。

ただ、やはり銀行や大手街金ではブラック認定された場合にカードローンを使用するのはほぼ不可能と考えるべきでしょう。金利が安い代わりに、ほぼ確実に安心できる顧客を厳選するからです。厳選…という言い方は大げさかもしれませんが、年収に見合った金額と、確実に返済る実績があれば以外とすんなり審査は通るものです。要はブラックに載る人は相手にせず、大多数の普通な人を相手にするから問題ないということですね。

それでも中小の街金に目を向ければ、金利は銀行や大手に若干劣るものの、審査が比較的緩いものもあります。中にはブラック認定された人にも貸してくれる街金も存在します。ただし、前述したブラックの程度にもよりますし、結局の審査基準は公開されていないので、誰でも借りることができる街金も探せばあるかもしれません。(闇金は例外として)

このように、一概にブラックといっても内容は様々です。一括りに考えないで、その事情をよく調べれば、審査が通った実例は幾つも見つかるでしょう。ブラック認定に含まれた様々な事情、少しでも知って頂けたなら幸いです。

【参考ページはこちら】
ブラックでも利用できるカードローンをお探しの方にオススメ記事

ブラックでもカードローンに通った方がいます!

会社での飲み会などのお付き合い、友人の結婚式、知人の葬式などの冠婚葬祭、そして今、お買い得になっているあのお洋服。日常生活の中で臨時の出費が必要となる場面は結構あるものです。しかしやはりお小遣いには限りがあるけれど、特にお付き合いの関係はケチケチしたくありませんね。そこで銀行などのカードローンを申し込みたいのだけれど、以前に滞納歴があったからカードを作るのは無理ではないか?と心配していませんか?

自分がブラックリストに載っているのではないかと心配されている方は、まずブラックリストについて正しい基礎知識を持っておきましょう。ブラックリストという名前の書類があると思っている人もいるのですがそうではありません。皆さんが銀行や消費者金融、クレジット会社でショッピング、キャッシングなどの取引をすると信用情報機関というところの取引情報に登録されます。これは借りた年月日や金額、返済があったかどうか、なかったとしたらどういう事由なのか、などです。このうち、滞納や債務整理などの事故情報をさしてブラック情報と呼んでいるのです。

もしブラック情報が掲載されてしまった場合、一般的には3~5年程度どこからも借入ができなくなると言われているのですが、必ずしもそうではありません。信用情報機関は銀行、消費者金融などそれぞれのカテゴリー別にいくつかのものがあり、全ての会社が全てを見ているとは限りません。

また、掲載についても全ての会社が全ての情報を載せるわけではありませんから、たまたまスルーされることもあります。また、ブラック情報掲載を知っていたとしても現在の役職や年収などを考慮してあえて審査に通してもらえることもあります。ブラックでもカードローンに通ったと言っている人がいるのはこういうカラクリなのです。

しかし気をつけなければならないのはブラックOKなどを理由に勧誘してくるヤミ金業者です。ヤミ金はそもそもが非合法ですので、いったん借りてしまうと異常な高金利で利息しか返済できないで泥沼にはまってしまうことがありますのでくれぐれも注意が必要です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ