> > > ブラックだとカードローンも借りれないの?

ブラックだとカードローンも借りれないの?

よくツレから金を借りるんですが、結構返すの忘れて言い合いになる。この前そのツレからブラックリストに載ったら、金借りられなくなるぞと言われました。そもそもブラックリストって何?ブラックリストに載らないようにするには、どうしたらいいの?気になるので教えてください。

借りたお金を期限通りに返す。それだけです

カードローンをしたことをある人も、無い人も、「ブラックリスト」というものは耳にしたことがあるのではないでしょうか。色んなお店や企業などでも使われるものですが、どれも「要注意人物や団体」を指していることに変わりはありません。このブラックスリトに載ってしまったら、かなり厳しい目で見られてしまうか、場合によってはそのお店や企業で取り引きお断り、ということにもなってしまいます。

もちろん、金融業でも例外ではありません。ブラックリストに載ってしまえばお金を借りることができなくなる可能性が上がりますし、借りれたとしても、少額の融資になる場合がほとんどです。(借りることができるだけでもマシかも知れません)

では、ブラックリストに載らないようにするにはどうすればいいのでしょうか?答えは簡単。「借りた分は、しっかり返済する」これだけです。そんなのは常識じゃないかと思われるかもしれませんが、中には返済はするものの、延滞が当たり前になっている人もいます。そういった人は、貸す側から「しっかり返済」しない人と見なされ、ブラックリストに載せられてしまいます。
(⇒ブラックでも安心して借り入れできるカードローンって存在するの?

あなたも友人との貸し借りでよく返し忘れがあるとのことですので、金融機関で借りるときはこの点だけご注意ください。「期限通りに」「返済する」それだけですが、守れない場合はこれ以上の融資を断られてしまいます。友人との貸し借りでもこれを怠ったら信用に傷がつきますから、どちらで借りるにしても注意したいところですね。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

ブラックだとカードローンも借りれない理由について

ブラックだとカードローンも借りれない、と言いますが、ブラックと言うのはどのような事を意味しているのでしょうか。消費者金融や銀行などではカードローンを利用しようとしている人の情報を確認して審査を行うのです。お金を貸す相手が返済がきちんと出来るかどうかを確認する事は重要な事ですが、返済がきちんとできるかどうかの目安となるのが年収です。

しかし、カードローンの中でも、比較的金額が低い場合は年収などの調査を行う事なく審査を行うのが特徴です。例えば、10万円と言うカードローンを利用する人の場合は、運転免許証と言った書類を提示するだけで審査が行われます。運転免許証は本人確認用の書類として利用するものですので、収入の確認にはならないのです。

銀行や消費者金融などの場合は、信用情報機関が管理を行っている個人情報を照会して審査を行うのです。この信用情報機関には3つの機関が有ると言われており、銀行、信販会社、そして消費者金融などがそれぞれ加盟を行っている情報機関があるのです。
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

信用情報機関が管理を行っている個人情報には申込者の過去の借金や申込み履歴、返済履歴等の情報が記録されています。過去に借金をしていても、返済がきちんと行われていれば問題は無いのですが、この個人情報の中に金融における事故の情報が有る場合はブラックと言う状態になるのです。

ブラックリストと言う言葉を耳にしたり、目で見たりすることが有りますが、ブラックリストと言うものが存在するのではなく、個人信用情報の中に記録されている情報の内、破産や延滞と言った記録が有る場合がブラックリストに掲載されていると言う事になるのです。

延滞は返済を数か月間滞らせることであり、カードローンを利用している中で返済を行わない客と言う見方がされるのです。また、破産の記録が残されていれば、浪費などの癖があるのではないかなどと推測されることになります。その結果、ブラックだとカードローンも借りれない、と言う事になるのです。(こちらもご参考に→申込みブラックになっていてもカードローンは使えるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ