> > > ブラックでも借りれる審査が甘いカードローンありますか?

ブラックでも借りれる審査が甘いカードローンありますか?

以前、債務整理をしています。その時に代理弁済になっているカードもあり、状況としては完全に「ブラック」の状態です。こんな私でも借りることのできる審査が甘いカードローンはありますでしょうか?

債務整理に関する支払いは昨年既に終わっています。その後は借り入れもありません。今は任意整理の対象にしなかったクレジットカードとそのキャッシング枠で資金をやりくりしている状態です。もちろん、債務整理期間中もその後も、支払いの遅れはありません。

実際に申し込んでみないと何とも言えない状況です。

今回の場合にはですね、審査に甘いかどうかというよりも債務整理をしている人に貸すか貸さないかってところがポイントですね。審査に甘いからといっても債務整理をした人にお金を貸すかというとそれはわかりませんよ。逆に審査には厳しいけど債務整理した人には貸すってこともあるかもしれません。自己破産とか個人再生だったら厳しいですけどね、任意整理でしょ?利息はともかく、元金はしっかりと返済しているわけですからね。

自分の信用情報見てみればわかりますがね、しっかり返済したとしても代理弁済の記録は最低5年は残ります。ひょっとすると7年かもしれません。そうなるとあなたの過去の情報は残っていますよね。確かにいわゆる「ブラック」の状態であることには間違いありません。あとはその過去の事実をカードローン会社あどのような処理をしているかという部分ですね。

インターネットで検索してみると結構情報は出てきますんでね、大事なのは「前例がある」ってところじゃないでしょうか。任意整理した人が借りれたことがあるってことがわかれば、そこには申し込む価値有りますよ。あんまり古い情報だと当てにならないですけど。同じ状態でも借りれてる人がいるってことは借りれる可能性はあるってことになります。

ただ、その借りれるって言う噂が広まってっしまっているところは要注意ですね。そんな噂が広まったらそんな客ばっかり来てしまうでしょ?そんな状態は望ましくないはずです。噂が広まりすぎてると、逆に今は締め付けてたりするかもしれませんからね。キュッと。数年前の情報が広がっていて、最近の情報がないような場合には気を付けたほうがいいでしょうね。まず借りれません。

結局ですね、やっぱり、申し込んでみないと分らないんですよ。借りれるかどうかは。そしてブラックの人は借りれないことが多いでしょ?借りれなかったらそこから数か月は空けないと申し込みブラックになっちゃいますしね。ブラックが借りれるほうが珍しいんだから、結局、ブラックが借りれたって情報は本当に少ないんです。(こちらもご参考に→ブラックでもカードローン審査に通れた!っていう実例はあるの?

申し込んで、結果を待って、結果がダメだったらまたそこから最低三か月は待って、また申し込む。これを繰り返すしかないんですよ。結局。どんなに効率良く申し込んで行っても年間で4回申し込めれば多いほうです。借りることができれば情報は出てくるでしょうが、借りることができない場合がほとんど。そうなると結局、審査が甘いところはなかなかわからないんです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

審査が甘いカードローンではブラック入りした人でも借りることができる?

日頃の生活の中で急にお金が必要になることはよくあるものです。そんな時に銀行や消費者金融が提供してくれるカードローンは抜群の利便性をもたらしてくれます。一枚の個人カードを発行することによって、後はお金の不足時に近場のATMに駆けつけるだけで簡単に融資金を引き出せるこのシステムは、多くの人々の不可能を可能に変えてくれることでしょう。

カードローンを利用するにあたっては規定の申し込みを行う必要があります。多くの場合、インターネットや電話、自動契約機、店舗窓口などで最初の申請を行いますが、主に記入フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収などを記載して提出。後は必要に応じて身分証明書や年収証明書を提示したり、その写しを提示したりすることが求められます。
(⇒カードローンの申込み方法についてもっと詳しく

この時、特に審査の重要ポイントとなるのが職業や年収といったところ。もしも安定性の低い職業や、年収が低かったりなどすると、基準を高く設定している金融会社においては審査落ちしてしまう可能性も出てきます。しかし、最近では各社ともに利用者拡大に向けて競争を続けている最中にありますので、多くの場合、順調に審査を通過することができるでしょう。またどうしてもダメなようであれば審査が甘いカードローンを探して申請してみると良いでしょう。

また、職業や年収がチェックされると、今度は信用機関への問い合わせによって過去に何らかの借り入れ事故を起こした経歴がないかどうかをチェックされます。この時、もしも何らかのトラブルが記録されていると、その人はブラック扱いとなり、カードローン審査において通過できる可能性が低くなります。

ただし、ここで諦めるのはまだ早いでしょう。ブラックにも様々な種類があり、携帯電話の引き落としができなかったり、総量規制に引っかかったりといった軽微なものから、返済不能に陥って法的手段をとったということまで実に様々です。もしも軽微なものであれば、他社で借りてる借金をきちんと返済したり、引き落とせなかった支払いをきちんと処理するなどの手続きを行うことでブラックが消える可能性も多々あります。

こうやってブラックの履歴が消えた瞬間にカードローン発行も容易になることも考えられますので、諦めずに挑戦してみるとよいでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ