> > > 申込ブラックになっていてもカードローンは使えるかどうか

申込ブラックになっていてもカードローンは使えるかどうか

どうしてもカードローンが使いたいという時に、申し込みブラックだと申し込みをいくらしたところで通るということはない、というのはわかっています。申し込みブラックというのはそれだけ厳しいというわけですけれども、その申し込みブラックでもカードローンというのは使えるものなのでしょうか。

例えばあるカードローンを使っていて、そのカードローンだけでは足りないと思って他のカードローンを色々と申し込みした結果、申し込みブラックになってしまったという場合です。この場合は今使っているカードローンを使い続けることはできるのでしょうか。

カードローンの申込ブラックだと制限がかかる可能性も

カードローンをすでに使っていて、その後に申し込みを何度もした結果としての申し込みブラックだとどうなるか?という話ですが、かなり特殊なケースであることは間違いないでしょう。ですからこれといったようなはっきり言えることはないですが、可能性としてこういうことがあるだろうから気をつけた方がいいということを並べていきたいと思います。

まず一つが申込ブラックになったからということで利用できなくなる、というパターンです。この場合はあまりないかと思いますが、厳しい銀行系カードローンなどであればありえるかもしれません。カードローンの解約をするために、一括で返済を求められるのですができなければ任意整理しかなくなるでしょう。

次に制限がかかるというパターンです。おそらく申込ブラックになったとしたら、このパターンが一番多いんじゃないかなと思います。申し込みブラックになったら現在利用している以上の借り入れができなくなるというパターンです。10万しか借りていなければ枠が10万になって、それが申し込みブラックが解除されるまで行われているというわけです。

このように何らかの制限があるかとは思いますが、実際にそういう自体に陥ったという人はほとんどいませんから、はっきりとしたことが言えるわけではありません。その代わりはっきり言えるのはデメリットしかないということでしょうか。

【参考ページはこちら】
ブラックでもカードローンを利用したい時はこちらもオススメ

カードローンにおける申込ブラックとはどういったものか

カードローンを利用する際には申し込んで審査に通る必要があります。この審査は利用者を選定するのに非常に重要な役割を担っています。利用者を増やす事が出来れば誰でもいいという訳ではありません。お金に関わる取引は取引相手を間違えてしまうと思わぬ損失を被る可能性が出てきます。

その損失の内容としては、借金の滞納をする利用者や返済を拒否する利用者です。こういった利用者は会社にとっては会社に損失をもたらす人物以外に何者でもなく、いち早く排除する必要が出てきます。そういった事をする可能性のある人物を審査で遮断する事によってこういった事態を未然に防ぐ事が可能になります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

この審査は厳しい為に何度も申込をしてくる人がいます。こういった人の事を申込ブラックと呼びます。何度も申し込んで来る理由としては、何度も申し込めばいつか審査に通るであろうという安易な考えからこういった事をする場合があります。審査は一度行うと再審査は一般的には半年間はする事が出来ません。半年間では経済力の向上やステータスの充実を見込む事は出来ないとされているので、半年以内に再申込をする場合にはほとんど審査に通らないということになります。

つまり審査するだけ無駄という事になり、人件費や時間の無駄になってしまいます。この他の申込ブラックの場合では、嘘の情報を記載してなんとか審査に通ろうとする悪質な利用希望者である場合です。これは会社にとっては客でも何でも無く、迷惑行為を繰り返している人物として考えられます。嘘の情報は絶対にばれる仕組みになっているので、こういった再審査は絶対に通る事はありません。

こういった事は故意であっても知らずにやった事であっても、申込ブラックの烙印を押されてしまうので常識ある行動を取ると共に、再審査の仕組みを知っておく事が大切です。そして出来れば違うカード会社に審査をお願いする事が大切であり、申込ブラックとされない方法です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ