> > > 仕事してなくてもカードローンを組みたい。何か方法ありますか

仕事してなくてもカードローンを組みたい。何か方法ありますか

現在仕事はしていません。不動産としてマンションを所有していて、家賃収入で生活しています。ワンルームばかりが10戸の小さいマンションですが、1部屋7万円で貸し出しているので、満室のときは月に70万円の収入になります。ただ最近は、借りる人が減ってきており、空き部屋が半分にもなってしまいました。マンションの修繕費や固定資産税の支払いに加え、自分の生活費もあるのでけっこう大変です。現在空きになっている部屋に人が入ってくれればいいのですが、なかなか自分の思うようにはいきません。カードローンを組んでこの危機を乗り越えたいのですが、仕事をしていない場合はどうすればいいのでしょうか。

家賃収入をどう捉えるかは金融機関次第です。

銀行・銀行系・消費者金融、カードローンを組むところはたくさんありますが、どこも必ず審査というものがあります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準について詳しく知りたい!)審査の項目に「職業・勤務先」があるのですが、仕事をしていないからといって正直に「無職」と記入してしまったのではどこも審査は通らないと思ってください。お金を貸すわけなので、仕事をしていない人には貸してくれませんよね。

ただし、今回の場合は仕事をしていないけれど、一定の収入はあるわけなので、本当の無職の人とはちょっとわけが違ってきます。では、家賃収入で生活している人の職業は何になるのでしょうか。無職なのか自営業なのか、はたまた個人事業主なのか、迷うところではありますよね。この判断は各金融機関によって違ってきます。

また、家賃収入を「安定収入」と捉えるか否かもそれぞれの金融機関で判断が違うでしょう。家賃収入があるので、安定収入とみなしてカードローンの審査を通してくれるところもあるでしょうし、働いていないしマンションの借り手がいなくなったら危険、と判断して貸してくれないところもあると思います。こればっかりはそれぞれの金融機関の考え方次第なので、電話なり窓口に行って、説明を受けるのが賢い判断ですね。

気を付けなければいけないのは、必ず家賃収入でもカードローンの審査が通るであろう金融機関で申し込みをすること。説明も何も受けないまま、なんとなく申し込んで審査に落とされるのだけは避けるようにしましょう。カードローンを申し込んで審査に落ちたとします。落ちたという情報は個人の信用情報に記載されることになるので注意が必要ですよ。「審査に落ちた=何か問題がある人」として受け取られるので、次に申し込んだ金融機関で不利になってしまいます。しかもこの個人情報、約5年程度は残ると言われているので、けっこう厄介ですよ。元々家賃収入を定職として認めてくれないところにわざわざ申し込んで、落とされるなんてまったくもって無意味なことなので、ここは気を付けて申し込むようにしましょうね。

家賃収入でも立派な収入として判断してくれるところは必ずあります。家賃収入でも問題なくカードローンの審査を通してくれそうなところで申し込むようにしましょう。審査のときには、家賃収入が本当にあるという証明が必要になってきます。確定申告をしたときの書類や、不動産登記などが必要になるかと思われるので、このあたりはきちんと準備しておくようにしましょう。申し込んでからバタバタ用意するのではなく、事前に用意しておくことで、審査もスムーズに進みますし、金融機関への印象もぐっと良くなります。

【参考ページはこちら】
口コミで人気が高い審査の甘いカードローンはどこ?

仕事してなくてもカードローンから融資は受けられる

多彩な事業に参入を行っていて企業の規模を拡大させることに成功している会社として楽天は有名な企業ですが、銀行事業も行っていますのでカードローンの商品も提供させています。楽天銀行のカードローンは貸し付け金額の総額が2000億円を突破するほど人気の商品となっており、順調に契約者数を伸ばしている優良な会社と言うことができるかと思います。

銀行が行っているカードローンの利点は知名度が高い会社が多いので、精神的に安心して利用できる点を挙げることができますし、事業規模がしっかりとしていますので低金利のサービスが行われていること、銀行法に基づいた貸し付け事業が行われていますので契約者の年収による規制を受けない点など多数のメリットがあります。

楽天銀行スーパーローンの申し込み条件は、原則的に収入を得ている年齢が20歳から60歳までの人が対象のサービスとなっています。パートやアルバイト、契約社員の方だけでなく、自分自身に収入のない学生や専業主婦に対しても積極的に融資を行っているカードローンサービスですので、仕事してなくてもカードローンを使ってお金の融資を受けることができます。

自分自身の収入のない専業主婦の場合は、利用できる希望額の制限が設けられており50万円までの借り入れが可能となっています。
配偶者の収入証明書や同意書の提出が義務付けられているわけでもないですし、本人の収入証明書についても借り入れ金額が200万円を超えない限りは提出する義務はないので手軽に利用できるカードローンとして大変おすすめです。

仕事してなくてもカードローンから融資を受けることができるおすすめのものとして、三菱東京UFJ銀行のバンクイックもあります。バンクイックは申し込み時の年齢が、20歳以上から65歳未満であれば借り入れることができるカードローンで、収入を得ていない専業主婦や学生でも利用可能です。バンクイックの審査スピードには定評があり、すぐに審査が行われてテレビ窓口を使ってカードの発行を受ければ即日で融資を受けることができます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ