> > > 失業保険中の身ですがカードローンをどうしても申し込みたい

失業保険中の身ですがカードローンをどうしても申し込みたい

5年勤めた会社からリストラにあいました。ブラック企業といわれるような会社だったのですが、自分なりに一生懸命頑張ってきたつもりでした。転職に向けて準備をしている最中、肩たたきにあってしまったわけです。会社都合の退職なので待機期間なしですぐに失業保険をもらえたのは良かったのですが、失業保険だけでは生活が苦しくなってきてしまいました。転職活動はもちろんやっていますが、なかなか思うようなところに就職できません。次の会社が見つかるまで、カードローンの助けを借りて生活していこうかと考えています。失業保険中の身ですがカードローンを申し込んだとして、審査に通りますか。

失業保険中のカードローンの審査はほぼムリですね

失業保険の給付中に新規でカードローンを申し込んだとしても、審査に通る確率は低いと思ってください。失業保険をもらっているということは「無職」と判断されることが多いのが理由です。まれに失業保険を収入として捉えてくれるところもあるようですが、滅多にないか、あったとしてもとんでもない高額な利息での借入れだったりするので注意してくださいね。

仮に失業保険を収入として捉えてくれるところがあったとしても、審査が柔軟で即日対応してくれる消費者金融系は、総量規制の対象なので年収の1/3までしか融資はしてくれません。銀行は融資の限度額に制限はありませんが、審査が厳しいので失業保険の給付中の人はムリでしょうね。

どうしても失業保険だけでは生活できないのであれば、給付を諦める覚悟でアルバイトに切り替えるという手もありますよ。失業保険で毎月いくらもらっていたのかはわかりませんが、とにかくアルバイトで稼いでいれば、働いていると判断してくれるので、カードローンの審査は通るでしょう。失業保険がもらえなくなるのであまりおすすめではないかもしれませんが。

他にカードローンの審査に通る方法としては、保護者の同意があれば失業保険の給付中でも借りことは可能です。保護者の同意があれば無職でもOKなので、大丈夫なはずです。ただし、保護者の人がきちんと定職に就いていて、安定した収入があるのが条件ですよ。保護者が無職だったり、それこそ同じように失業保険の給付を受けている人は保護者としての条件を満たさないので注意しましょう。保護者の同意がもらえれば、審査は通過するはずです。

無職でも保護者の同意があれば貸してくれる、というのは、金融機関からしてみれば保護者に貸しているようなものなんですね。カードローンの審査も本人だけでなく、保護者に対しても行います。本人が返さなければ、保護者から返してもらえる、という判断で貸してくれるわけです。借りたお金を返さなければ、保護者が肩代わりしなければいけないので、返済だけはきちんとするようにしましょうね。

失業保険をもらっている間に何とか就職を見つけて、働き出すのがいちばんですが、働き出してすぐというのもカードローンの審査はなかなか通らないと思ってください。お金を貸す金融機関は、働いているという実績で判断するので、最低でも3ヶ月、できれば1年は継続して働かないとなかなか審査には通りません。

本来であれば、退職する前にカードローンをつくっておけば良かったですね。とにかく金融機関のカードローンは、年収はあまり関係なく、「働いており継続的に収入がある人」というのが大事なんですね。カードローンを利用する、しないに関係なく、収入があるうちにつくっておくというのが賢明ですね。何かあったときの備えとして事前に準備しておくのがカードローンです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

失業保険中でもカードローンは申し込めるのか

カードローンを申し込むときに、失業していて失業保険中でも審査は通るのでしょうか。結論から言うと、かなり厳しいといえます。仕事をしているときには、継続的な給料があるので信用もありそれだけ返済能力があると、カードローン会社にも思われます。
しかし、仕事を辞めてしまい毎月の安定した収入がないことは、社会的に信用がされにくく、返済能力も同様にないと判断されてしまいます。

例え、失業保険中でも貰える金額は少ないですし、新たに借金をする理由が生活のためと思われてしまい、お金に困っていると判断される可能性が高いです。無論、失業保険中で他にアルバイトなどをしていて収入がある場合では違ってきます。その分は一定の収入があると判断されることもあるので、申し込みが出来ることもあります。

ただ、中には失業中でも借入が可能な金融業者があります。一般的な金融業者では無理ですが、中にはヤミ金ではなく正規の中小の消費者金融会社に、少ないですが審査が柔軟で評判のよい所だと借りることが出来たというケースもあるようです。

しかし、通常は失業しているとカードローンの申し込みは厳しくなるので、辞める前に予め申し込んでおいて発行だけはしておくか、または新しい職に就いてから申し込む方がよいでしょう。また、失業する前に持っていたカードは、仕事を辞めたあとでも利用は可能です。その代り、きちんと返済はしていかないと利用が不可になるので、返済出来る範囲内で借りることが大切です。

失業して、失業保険を受け取っていても場合によっては病気やけがになったり、または他の事情で現金などが必用になることもあります。その際に、全く融資を受けられるカードがないとかなり厳しいといえます。万一の時に、さっと利用出来るように備えの一つとして、働いていて問題がないときにカードを一枚は作っておく方が慌てる必要もありませんし、直ぐにでも対応できるので安心です。また、次の職を探すときにも何かと役に立つこともあるので、予め作っておくことをおすすめします。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ