> > > 年金生活ですカードローンを利用してやりくりしたいのですが

年金生活ですカードローンを利用してやりくりしたいのですが

満65歳の年金生活者です。余り蓄えが無くて冠婚葬祭が続くと、お金のやりくりに困る時があります。そう言う訳なのでカードローンを利用してやりくりしたいのですが、年金収入でカードローンの利用は出来ますか?

年金所得でカードローンに申し込む事が出来ます

年金所得でカードローンに申し込む事は出来ます。カードローンの申し込み基準に安定した収入がある事が条件になっています。年金収入も安定した収入とみなしてくれるカードローンがあります。ただし、年金受給者の場合、次の二つの点をまずご注意ください。一つは年金受給者対応のカードローンである事が条件です。

カードローンの申し込み基準で年金受給者の申し込みが可能であるかどうかは解りますから、まず可能なカードローンかどうかの確認が最初に確認して頂きたい項目です。次に、年齢制限です。と言いますのはカードローン会社の年齢制限は、まちまちで中には、満20歳から満65歳までという会社もあります。

そう会社に申し込んだ場合、満65歳の年齢は申し込み基準は満たしているというもののギリギリですから審査にやはり多少の影響はあると思います。ですから年齢の基準で68、69歳という余裕のあるカードローンに申し込んだ方がいいと思います。

そして、申し込み方法ですが、郵送、電話、インターネット、自動契約機など、一番利用しやすい方法で申し込む事が出来ます。一番便利で簡単なのはインターネットによる申込み方法です。またカード会社をお選びになる場合、少しでも金利の安い会社を選ばれるとは思いますが、使い勝手の悪いカードローンを選ぶと大変ですので、その点もご考慮されてください。

例えば利用できるATMまで交通の便が良くないとか、コンビニを利用できないなど、借り入れや返済の時に使いやすいカードローン会社を選ぶ事も、満足度に係わって来ると思いますから、会社選びの時に参考にされてください。また、カード会社によって提携ATMの利用手数料が、無料の場合と有料の場合があります。それも会社選びの時の参考にされてください。

年金だけでやりくりできない年金生活者でもカードローンは利用できる

年金生活者は、カードローンの利用はできないと思われがちです。その根拠となっているのは、無職だからでしょう。無職で収入がないと審査で落とされますから、ただでさえ審査で不利になる高齢者なら、審査を受けるだけ無駄だと思うのは当然かもしれません。

しかし、年金をやりくりしながら生活年金生活者なら、カードローンを利用することは可能です。申し込むためにはいくつか気を付けることがありますが、それさえクリアしてしまえば借り入れすることはできます。年金のやりくりだけでは生活費が足りないとき、高額な医療費を払えないときなど、家計が苦しくなったときは申し込んでみるのも良いでしょう。小額から借りられるので、負担を減らしながらピンチを脱出できるはずです。

年金生活者が申し込みで気を付けることとは、年齢制限についてです。カードローンには年齢制限が設けられており、通常は65歳か69歳までとなっています。この年齢制限をクリアしていないと、申し込みをすることはできません。資料やホームページで申し込み条件を確認するときには、まず最初に確認をしてください。

また、一部のカードローンによっては、年金しか収入がない高齢者は審査で落とされることがあります。これは、年金を給料などと同じように、安定した収入とは認めていないためです。一部にはこのような基準を設けていることもありますから、申し込みをする前に窓口などで担当者に確認をしてください。インターネットから申し込みをするときには、事前に電話で問い合わせてみましょう。

年金生活者でも、年齢制限に引っかからずに年金を安定した収入と認められているカードローンなら、借り入れをしてお金を手に入れることはできます。最近は物価も上がっていて医療費の負担額も増えていますから、年金をやりくりしても生活できないときには、利用してください。ただし上手くやりくりをして、延滞しないように気を付けましょう。

【参考ページはこちら】
無職でカードローンを利用したい方々にオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ