> > > カードローンを利用したいけど65才以上で無職の場合は可能?

カードローンを利用したいけど65才以上で無職の場合は可能?

今年65歳になります。年金受給者になりました。今まで勤めていたバス会社は、社内規則で65歳以上になると大型バスの運転が出来ないという事で退職する事になりました。今までの貯金で家を新築したので運転資金に余裕がありません。ですから、カードローンを利用したいけど65才以上で無職の場合、年金収入でカードローンを申し込むのは可能ですか?

65歳で年金収入でカードローンを申し込むのは可能です

年金受給者で無職の方でも年金収入でカードローンを申し込む事は可能です。ただし、申し込み条件の中に受給者でも申し込み可能というカードサービスに申し込んでください。それと65歳以上の方の場合、年齢制限のは範囲内であるかどうかのご確認も必要です。(こちらもご参考に→70歳でも利用できるカードローンを教えて!

それと返済終了期間が70歳を超えるような場合審査に通りにくくなる可能性がある事もご承知しておいてください。また消費者金融系のカードローンの場合は総量規制の対象になりますから、年収の3分の1を超える借入金は出来ません。

そう言う訳ですから申し込みの時点で年収の3分の1を超える申し込みは出来ません。年金の受給総額がどれくらいか、解りませんが申し込む場合の利用限度額は、30万円以内の方が返済の負担にならなくていいのではないかと思います。

それに状況から考えて見ても、最初の利用限度額は30万円あたりになるのではないかと思います。ただし、この利用限度額については、あくまで審査の結果次第ですから推測です。申し込み方法は、電話、郵便、インターネット、自動契約機などいろいろな豊富があります。

この申し込み方法は、カード会社によっても違いますので、申し込む前には、よくご確認ください。また申し込んで審査を受ける時には、本人確認の為の書類が必要です。運転免許証か、健康保険証などがあれば行けますが、他に代用出来る書類もあります。

また収入を証明する事の出来る書類もありますが、申し込む時の金額によって必要になる場合とそうでない場合があります。何れにしましても、年金受給者でも申し込みが出来るカードローンと65歳という年齢で申し込む事の出来るカードローンをインターネットでお探しください。

またインターネットを使える環境にない場合は、電話によるお問い合わせをすれば詳しく説明して貰えます。ご質問者の条件でサービスを提供している会社はありますのでご安心ください。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

65才以上の無職でもカードローンは利用できるか

カードローンをつくる場合は一般的に年齢制限が存在します。一番多いのが20才から65才前後です。65才以上の無職であると一般的には貸してくれる金融機関はものすごく減ります。しかし金融機関によってはこの年齢をオーバーしていても貸してくれることもあります。また65才以上になると無職になる人も多くなりますが、その場合でも貸してくれるところは存在します。それは安定した年金受給者が多くなる年齢だからです。

この年金が収入と見なされて、あとは個人情報が問題ない状態であれば65才以上であっても貸してくれるところは存在します。なかには70才までOKであったり75才までOKであるという金融会社もさがせばあります。

融資額は低いことが一般的です。それは借りる人の年齢が高齢の為、完済してもらえるのかどうかという心配があるからです。大金を貸して死亡してしまって返済をしてもらえなくなったということを金融機関はリスクとして考えています。カードローンはつくれたとしても大金の融資は難しいということを、きちんと理解しておかないといけません。

もし高齢になってお金に困窮してしまってどこからか借りなければいけないという場合は、金融機関の他に子供や親戚や行政機関等に相談をしておいたほうが無難です。カードローンを発行している会社は大手ばかりではなくて、ブラックリストにのっていたり70才以上であっても貸してくれる会社はあります。中小の金融機関は評判がわからないので、口コミや評判などを必ず確認して借りるかどうかを決定していきます。多重債務者であったとしても貸してくれるところもあるので、年齢がよほど問題がないかぎり貸してもらえます。

60代はまだ死ぬ可能性は低いので、他に借金があったりしない限り借りることは可能です。消費者金融系の場合は有名な大手の消費者金融が69才までOKなので、どうしても借りる必要がある場合は審査を受けて見ることが大事です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ