> > > 年金収入はあるが無職ですそれでもカードローンを利用できます?

年金収入はあるが無職ですそれでもカードローンを利用できます?

現在66歳の元公務員です。妻は3年前に亡くなって、現在は一人暮らしで年金生活者です。退職金で家を建てたので、生活は出来るのですが、まとまったお金の入用の時に対応出来ません。とは言え金策の為に土地や大事な家には手を触れたくないのでカードローンを利用したいのです。65才以上で無職の場合でも可能でしょうか?

66歳以上で年金収入でもカードローンは利用可能です

カードローンの申し込み条件は、いくつかありますが申し込みの為に必要な条件は、年齢と安定した収入がある事です。高齢者の場合は、まず年齢制限が気になって来ます。カードローン会社、各社の年齢の基準は、低い方の年齢は満20歳でほぼ統一されていますが、年齢の上限はまちまちです。

ごく一部の例外はあるかもしれませんが、だいたい年齢基準は満20歳~満70歳です。そして上限の平均は満67歳くらいです。ですから、まず年齢制限が満69歳~満70歳のカードローンサービスを探す必要があります。大手の金融会社でご質問者の年齢で利用出来るカードローンサービスを提供している会社はあります。

つぎに年金収入ですが年金収入も安定した収入として審査してくれるカード会社があります。ですから、会社選びの時に、年齢と年金収入でも可能という二つの条件をクリア出来ている会社に申し込めば大丈夫です。ちなみにアルバイト・パートでも申し込みが可能というカード会社は年金収入でもOKの所が多いようです。

ともあれ、申し込む時にまずは確認する必要があります。申込み方法はインターネット、スマートフォン、電話、自動契約機、郵送など、どこのカード会社も幅広く準備している所が多いです。そして、ご承知とは思いますが金利については、銀行系の方が消費者金融会社に比べると平均に低金利の所が多いです。

ただし審査は銀行系の方が厳しいと言えます。それと、カードローン会社を選ぶ時に提携ATMの手数料が、無料なのか、有料なのかという事も会社を選ぶ場合の条件の一つに考えられた方がいいと思います。その理由は、何回も利用する場合、手数料が意外と高くつくからです。

いずれにしても、まずは会社を探す必要があります。インターネットをお使いになる場合は、まず年齢の基準をクリア出来ているかどうか優先してお探しください。そして銀行系にしろ消費者金融系にしろサービスが充実している大手の金融会社をご利用される事をオススメします。

収入はあるが無職の人はカードローンの申込書の職業欄にどう書けばいいか

仕事をしていないけど収入がある人というのは、少なくはありません。たとえば退職金などのまとまったお金を株などの運用資金にして、その利益で生活をしている人、あるいは、不動産を持っていて部屋を貸したり、駐車場を貸したりして収入を得ている人は結構たくさんいます。では、そういった人がカードローンに申し込む場合は、自分の職業をどのように書いて申し込めばいいのでしょうか。

まず、収入があるのにカードローンの申し込みが必要なのかと考える人もいるかもしれませんが、カードローンというのは、すぐにお金を借りたい人だけが申し込むわけではなく、将来、なにかあった時のためにお金を借りられる手段を作っておきたいからと申し込む人もいます。株などを運用して生活をしている場合など、必ず、一定額以上の収入があるとは限らないのでキャッシング出来る手段があれば安心でしょう。人からお金を借りるよりも面倒ではなく、まとまった金額を借りられるからです。

では、申込書の職業欄にはどう書くかということですが、普通、申込書に無職という項目はありません。貸金業者は、収入がない人にお金を貸すことはないので、無職は最初から省いているのです。ただ、その他という項目が存在する可能性があります。なので、その他を選び、どのような方法で収入を得ているのか書きましょう。それで、収入はあるが無職という人でも申し込みをすることは可能になります。

申し込み後は、貸金業者から電話があるはずです。不動産を持っていて、家賃収入を得ていると書いた場合、その収入は具体的に月いくらぐらいなのか、そして、毎月、家賃収入があると示せる書類はあるかと聞くためです。なので、あらかじめそれが確認出来る書類を用意して答えるようにしましょう。毎月、収入が安定していれば審査に通る可能性はあります。また、不動産を持っている場合は、回収が出来なくなっても不動産を差し押さえることで回収出来るので、審査に通る確率は高くなるでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ