> > > 年金生活のカードローンはどのくらいの期間、申し込めますか

年金生活のカードローンはどのくらいの期間、申し込めますか

年金生活のカードローンはどのくらいの期間、申し込めますか

いまも仕事をしているならば、地方銀行など様々

年金生活のカードローンということですが、収入が年金受給のみならカードローンは銀行カードローンで65歳未満までがいいところだけど、60歳で退職して、大体は再雇用を受けますよね?というか再就職されますよね?年金の受け取りが65歳からの方がいらっしゃるでしょう?すると、申し込める先は地方銀行だったり、消費者金融だったりするわけです。地方の銀行は年齢の上限が70歳を超えていたりするところもあります。(こちらもご参考に→地方銀行のカードローン審査って甘い?)そういうところをうまく見つけられれば、70歳過ぎまで年金受給のみで、働かずにカードローンを利用できます。

消費者金融カードローンの場合は年齢の上限が平均的には69歳まで。しかも働いていないと消費者金融は利用できないから、年金受給をしながら並行して働きながら69歳くらいまでカードローンを利用することができます。とにかく、自分に合ったカードローンを探すことです。本当に年金を受け取る年齢の方のカードローンは狭き門です。退職後、ほぼ、再就職を強いられ、年金受給だけでは急な出費などの時に困るからカードローンを申し込むけど69歳までしかそういう生活もできない。

短時間で構わないから安定した収入の得られる仕事を見つけておくことも非常に大切です。69歳すぎたら、ほぼ年金だけの暮らしです。カードローンも利用できなくなる。ですから、カードローンを利用できるうちにしっかりとこれからの老後の生活力を身につけてください。

【参考ページはこちら】
無職の人がカードローンを利用するにはどうしたらいい?

年金生活のカードローンで審査に受かることができるか

年金生活のカードローンは作成することが可能です。最近では年金受給者専用のプランを掲げる消費者金融もあるほどです。ただし少なからず年金受給を安定した収入とは認めないローンもあるので通常のサラリーマンと比べると利用できるカードローンはやや狭まってしまいます。また、年金生活と一口に言っても本人の年齢やその他の収入によって使用できるカードローン、融資してもらえる額は大幅に変わってきます。

年金受給者のカードローン利用はやや特殊なものといえるので、利用する際にはしっかりと情報を集めてから利用することが大切です。まず最も重要なことですが、現在70歳以上で申し込みが可能なカードローンは存在しません。これは年金受給者に限らず、どれだけ安定した大きな収入を得ていても同じことです。多くの消費者金融、銀行で申し込みできる年齢の上限を規約に盛り込んでおり、大抵が60歳から70歳までの間に設定されています。

60歳で申し込み不可の金融機関は少ないのですが、60~70までの間で細かく年齢制限を設けたものが多いので年金生活の型がローンを利用する際には何よりも先に年齢の上限をチェックするべきです。年金以外に収入がある場合だと申し込めるローンは大幅に増えてきます。アルバイトやパートでもある程度の収入があれば、安定した収入として認められるので、ほとんど通常のサラリーマンが融資を受ける場合と同様の方法で借り入れを行うことができます。

問題は年金しか収入がない場合ですが、現在ではかなり少なくなっています。年金生活の方でも申し込める消費者金融や銀行のローンはたくさんありますが、収入が年金受給のみの場合だとかなり厳しくなってしまうのが現状です。また、年齢を重ねれば重ねるほど審査を通過する確立は下がっていきます。アルバイトやパートなどで安定した収入を得るようにしてからカードローンを申し込むのが一番現実的でかしこい選択といえます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ