> > > 無職で借り入れ可能なカードローンはどんなカードローン?

無職で借り入れ可能なカードローンはどんなカードローン?

無職で借り入れ可能なカードローンはどんなカードローン?

働きましょう!そんな甘い話はゴロゴロしていません

無職でも借り入れ可能なカードローンは銀行にあります。ですが、どこの銀行でも借りられる訳ではないのです。そういう商品がない銀行だってあります。消費者金融カードローンは安定した定期的な収入がなければ審査を通過することができません。順番にご説明をしていきます。学生は学生ローンがありますからまだ、そちらが通れば良いです。あとは、学生でも銀行カードローンで20歳を過ぎると少額貸してくれる銀行もあります。専業主婦も限られた銀行ではご主人の収入が安定していれば、融資限度額30万円以内のものから50万円以内のものもあります。(こちらもご参考に→専業主婦でも利用できるカードローンはどれ?

難題なのが65歳以上の年金以外に収入のない年金受給者です。銀行カードローンは借り入れができる年齢の上限が大体65歳未満です。相当な狭き門です。しかし、働いて安定した収入さえあれば消費者金融は69歳までは融資をしてくれる会社があります。60歳で一度退職したあと、再雇用で職に就く人も増えていますよね。平均寿命が延びているいま、還暦を迎えたからといって、家に閉じこもっていてはいけません。できる限り働きましょう。そうすることで金融会社からの信用も増します。

希望のお金を借りられたとしても必ず返済が待っています。学生も専業主婦の方も、年金受給をされている方もできれば、少しでも良いので安定した収入を得ましょう。そしてうまくカードローンと付き合っていきましょう!

無職であっても借り入れ可能なカードローン

今の時代、何が起こるかわかりません。バブルが崩壊してから、日本の景気は悪くなり、いろいろな会社が倒産をしたり、事業縮小を余儀なくされてきています。最近では、多少は景気が上向きになっているのですが、それでも依然として生活が楽になっているようには思えません。

ある日突然、会社に来なくてもいいとリストラされたら、家族みんなが路頭に迷ってしまうことでしょう。そんなことは絶対にありえないと思っていても、実際そのようなことが起こる可能性も否定できないのです。

無職になると、収入源がなくなります。解雇の場合では、雇用保険の失業手当が早い段階から出ますが、今までの収入程の額ではありません。当然、生活が立ち行かなくなります。

そういったときに頼りになるのが、消費者金融会社のカードローンです。テレビコマーシャルでもおなじみですが、レイクやモビット、アイフルやアコムなどがあります。こういった会社では、審査も緩いため、無職であっても、また主婦などであっても、借り入れ可能であることが多いのです。
(⇒自分に合ったカードローン会社ってどうやって選べばいいの?

申込は簡単です。インターネットや電話で申し込みをし、すぐに審査になります。(こちらもご参考に→カードローンの申込みに関するオススメ記事)そして、間もなく審査が終了、その日に融資といった流れになり、とても迅速な対応をしてもらえるのです。すぐにお金が必要である時には便利なのです。それに対して、銀行やクレジットカード会社では、審査も厳しいので、無職では通らないことも多く、時間もかかるので、即融資といったことはできません。

ただ、消費者金融会社の場合では、金利手数料が多少高めなので、返済額が若干高くなります。しかし、法的規制がある今では、利息がやたらに高いといったことはありませんから、安心です。このように、仕事をしていなくても借り入れをすることができるカードローンがあるのは、とても便利ですが、あまりにも簡単にお金が手に入るので、借金をしていることを忘れてしまいがちなので、気を付けるようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ