> > > 無職でのカードローン新規申し込みできますか?

無職でのカードローン新規申し込みできますか?

無職でのカードローン新規申し込みできますか?

審査が通るかどうかはあなたがどんな無職の立場か次第

無職でのカードローン利用願望って根強いものがありますね。とっても需要がある市場といえます。無職にもいろいろあります。学生、専業主婦、年金受給者などです。学生であれば学生ローンが利用しやすいでしょう。三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなど学生でも20歳以上であれば利用できます。専業主婦は消費者金融のカードローンは利用できません。しかし、一部の銀行のカードローンでは専業主婦でも配偶者の安定した収入があれば借り入れができます。年金受給者がカードローンを利用するのは専業主婦よりももっと狭き門です。

消費者金融カードローンも審査に通る可能性もアルバイトやパートをしていれば、高まるのですが無職は本当に狭き門です。年金受給者に限っては、年齢の上限が大きな問題です。銀行では65歳未満がほとんど、しかも年金受給は段階的に65歳からの方が増えています。
再雇用などを利用して、仕事をしない限りはカードローンを利用できる可能性がどんどん狭まっています。仕事をしていれば、消費者金融カードローンは平均で69歳まで利用できるところが多いです。

無職でのカードローンの審査が通る可能性は仕事をしている人に比べとても低いです。できるだけ、アルバイトでもパートでもかまわないので仕事をしてまず自分で稼ぐことをおすすめします。そうすれば、なぜなら、カードローンには返済も必ず伴うからです。お金の使い方をしっかりと計画立てて、上手にカードローンを利用できるようにしましょう。

無職でのカードローンは可能かについて可能性を探る

カードローンを利用する目的には、手持ちのお金が少ないとき、急に多額のお金が必要となった場合。慢性的な資金不足の状況にあって、自転車操業的にお金を借りている場合。お金を数えるのが面倒、小銭を持ち歩くのが苦手。等々の理由が考えられますが、このような環境にあって、無職でのカードローンについて、その可能性に触れたいと考えます。この問題を考える時、重要となる要素は、カードローンの本質にあるとの立場です。

本質とは、カードローンを取り扱う金融機関の目的にあり、貸した資金を、約束した時期に、元金に金利を加えた金額を、速やかに返済していただく事に尽きるのでしょう。反面、借主であり、カードローンを利用しする立場にある場合には、約束に沿う形で返済を行う義務が存在する事となるでしょう。

無職でカードローンを利用したい立場と、カードローンを取り扱う立場をこのように捉えると、「貸したお金を返済して」と、なり「借りたお金を返済する」双方の立場は、この関係に尽きると考えられます。

この場合にあって、カードローンを取り扱う金融機関が問題視する事は、「返済財源」の確認であると考えられますが、通常の場合にあっては、勤務状況や、年収。勤務会社の社会的地位や規模、今後の発展性。等々が重要な目安となりますので、収入証明書や、会社の状況を文書により確認する事で、返済を可能とする根拠を担保することが求められるのです。

カードローンを、このように考えると、現状、無職であっても、返済する財源が会社から支給される給与や、その給与を支給し続ける事を可能とする会社。それ以外であっても、それ程問題視する要件では無く、返済の源となる財源について、金融機関が確認する事により、カードローンに設けられた上限、又は無制限に耐え得ると認識し、了承した場合には、個人が職に就いていようが、職を離れていようが、その事を頓着する必要に無いと考えるのが極普通の思考であるとの立場です。よって、無職でのカードローンについても、信頼に値する金融機関に相談される事をお勧めいたします。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ