> > > 無職でも審査が通るカードローンは危険なのでしょうか

無職でも審査が通るカードローンは危険なのでしょうか

今、無職で働いていません。働く意思はあるのですが、なかなか決まりません。お金もなくてもうカードローンに頼るか、と思うぐらいです。でも、カードローンは無職だと借入できないですよね。こないだネットで無職でも借入できるというカードローンのサイトを見つけました。そんなことあるのでしょうか。無職でも審査が通るカードローンは危険なのでしょうか?

収入ゼロの人にお金を貸すなんておかしい危険だと思え!

カードローンの審査でどうして無職の方が通らないかといえば、安定した収入がないからです。なら、なぜ安定した収入がないとダメなのかといえば、お金を貸しても返済することができない可能性が高いからです。仮に収入がなくても貯金で返済するという人がいるとします。しかし、その貯金が増えることはないので、貯金が尽きてしまったら返済は滞ります。結局、収入がないということは返済ができないということなのです。そのため、無職で収入がない方はカードローンを利用することはできません。

しかしながら、中にはご質問者様が見かけたように「無職でも借入できます」と謳っているカードローンがあります。上記のことを考えると、返済ができない可能性が高い人物にお金を貸す業者だということになりますよね。なぜそんなことができるのでしょうか。いつまでも返済を待ってくれるのでしょうか。そんなわけはありません。利用者がどういう状況であれ、返済はさせるということに他なりません。つまり、利用者の弱みにつけこんで貸付を行っていると考えられるのです。

そうした業者をあなたは信頼できるのでしょうか。確かに、無職だとお金がなく困っているかもしれません。しかし、信頼できない業者から借入をするのはとても危険なことです。特に、普通に考えてそんな条件で貸付するのはおかしいと思うところほど危険な業者であることは間違いありません。

カードローンに限らず、お金に関わることで甘い話にいいことはありません。ヤミ金と呼ばれる悪徳業者が世の中にはあります。甘い話ほどそういった危ない業者であることを疑うべきです。ネットは情報が氾濫しており、どの情報を信じるかは見ている人の自己判断の世界です。危ない情報を受け取らないように気をつけてくださいね。

【参考ページはこちら】
無職でもカードローンを利用したい!という方にオススメ記事

無職でも審査が通るカードローンってあるの?

カードローンの審査は、申込者本人に返済能力があるかどうかを判断するためのものなので、申込者が無職だった場合、審査が通ることはほとんどないと考えてよいでしょう。理由は簡単で、「安定した収入がない」からです。

カードローンというものは、簡単に言うと「信用貸し」であり、その信用は「返済能力がある」ということで判断されます。つまり「無職」は「信用=返済能力なし」と判断される、ということです。それならば、無職でも不動産などの担保があれば借りられる気もしますが、平成22年に施行された改正貸金業法によって「総量規制」というものが定められました。

これは簡単に言うと、前年度の年収の3分の1以上の額を貸してはいけませんよ、という決まりなのですが、これの影響で、現在無職で、前年度の収入が0の方は、消費者金融から借入ができなくなっています。(ただし貸金業法は消費者金融などが対象であるため、銀行のカードローンは総量規制の対象外です)

こういうこともあり、全く収入のない無職の人がカードローンを利用するのはまず無理な状況になっていますが、例外があります。専業主婦(主夫)や学生、年金受給者などです。専業主婦(主夫)の場合、配偶者に安定した収入があれば、返済は可能と判断され、審査が通るケースがあります。

学生の場合は、親権者に安定した収入があり、返済能力があると判断されれば、親権者の同意のもと、学生ローンというものを利用することができます。年金受給者の場合も、年金が安定した収入であると判断される場合があります。

また、派遣会社に登録している方であれば、実際には働いていなくても審査が通るケースがあります。この場合は会社に在籍しているかどうかの確認が派遣会社に行くわけなのですが、過去に3か月~1年以上の勤務実績があるか、または派遣先は決まっていて同等の勤務実績を積む予定があるかという点がポイントになってきます。

そのほか、不動産収入があったり、在宅ワークなどで収入を得ている場合は、申込時にその旨を記入すれば、それを安定収入とみなしてくれる会社・銀行があるかもしれません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ