> > > みずほカードローンの在籍確認と本人確認について教えて

みずほカードローンの在籍確認と本人確認について教えて

みずほカードローンを申し込んだときの在籍確認と本人確認について教えてください。どんな方法で確認されるのか、いつぐらいに確認があるのかっていうことが知りたいです。

みずほカードローンは勤務先に電話が来る在籍確認がある

みずほ銀行のカードローンを申し込んだら、必ず在籍確認と本人確認が行われることになるわね。在籍確認は申込書に記入した勤務先が本当なのかどうかを、その勤務先に電話をして確かめるというものなの。

勤務先に電話が来るっていう事でカードローンの申し込みがばれてしまうかも、って不安に思う人もいるでしょうけれど、「カードローンお申し込みの件で」なんて電話がかかってくることは無いわ。ただ「○○さんいらっしゃいますか?」と尋ねてくるだけなの。不在の場合も大丈夫。「そういう者はおりませんが」という返答じゃなければ、本人と話が出来なくても何も問題はないのよ。もし本人がいれば電話を取り次いでもらう事になるでしょうけど、ここでも聞かれるのは氏名と電話番号といった確認だけで長く話をするようなことは無いわ。

この在籍確認のタイミングは申し込みがあって審査を行う際ね。申し込み後すぐに電話がかかってくることがあるのだけれど、勤務先がお休みだったりみずほ銀行自体もお休みっていう事であれば、双方が営業時間になるまで在籍確認をすることは出来ないわ。カードローンの申し込み自体は24時間可能っていう事になっているけど、在籍確認をする担当者は営業日の営業時間に勤務しているわけだから当然ね。

本人確認については、ネットでの申し込みをすれば本人確認書類を送付することで行われるっていうだけね。本人確認のためだけに電話がかかってくることは少ないわ。審査結果の連絡もメールで行われるのが普通ね。電話で申し込みをした場合は電話で簡単に申し込み内容の確認があって、審査結果の連絡も電話っていう事も多いわ。この時の電話が本人確認にもなるの。ちゃんと本人確認書類の提出もするのだけれどね。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしで利用できるカードローンってある?

みずほカードローンでの在籍確認と本人確認の違いとは

みずほカードローンに申し込みをすれば、在籍確認と本人確認とが行われます。似たような言葉ですからごっちゃにしてしまう人もいるようですが、全く違うものですから良く理解しておきましょう。

本人確認とは、簡単に言えば身分証明書を提示することを指します。例えば、みずほカードローンに申し込みをした場合には、運転免許証やパスポート、健康保険証などの提示を求められます。これによって本人であることを確認することができます。これが本に確認書類です。たいていは申し込みの時点で提出が必要とされます。

本人確認書類は、提出しなければならない場合と提出しなくても良い場合とがあります。例えば、みずほダイレクトの口座をすでに開設している場合には提出は不要です。みずほダイレクトの口座を開設する時点で、すでに提出をしているわけですから、わざわざ改めて提出する必要はないのです。

在籍確認とは、会社で働いているかどうかを確認する事を指します。たいていは電話で行われることになります。カードローンの申し込みをするときには、勤務先の住所や電話番号を記入します。この情報が正しいのかどうかを確認するために電話がかかってくるのです。電話がかかってきて事細かに色々なことを聞かれるのではなくて、電話口にでればそれで確認が終わることが多いです。ですから、確認と言っても非常に簡単なものです。

在籍確認の電話については、貸し付けを行う金融機関がかけてくることもありますが、そうではない場合もあります。保証会社が電話をかけてくることもあるのです。

みずほカードローンでは、オリエントコーポレーションが保証を行いますから、オリエントコーポレーションが瑞穂とは別に審査を行います。この審査の過程で在籍確認が行われる事があります。ですから、みずほ銀行に申し込みをしたにもかかわらず、みずほ銀行から電話がかかってくるのではなくて、オリエントコーポレーションから電話がかかってくるのです。
(⇒在籍確認が不要なカードローン会社ってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ