> > > 専業主婦カードローンの申し込みは厳しい?

専業主婦カードローンの申し込みは厳しい?

専業主婦カードローンの申し込みは厳しい?

消費者金融の審査においては厳しいが銀行は可能な場合も

専業主婦カードローンの申し込みは厳しいか、という質問ですが、カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがありますね。銀行カードローンは配偶者に安定した定期的な収入さえあれば専業主婦に融資してくれる銀行が存在しますがすべての銀行にある、というわけではありません。融資額は30万円というところが多いですが、50万円以内を融資してくれる銀行もあります。もちろん配偶者の収入がどれくらい安定しているのかにもよると思いますが、銀行から融資を受けられる場合はあります。
(⇒カードローンの上限に関するオススメ記事はこちら

消費者金融のカードローンは原則、バイトやパートなどでご自身が定期的な安定した収入がないと融資してくれません。ですから、専業主婦カードローンとしては、成立しません。金利も、銀行より高めです。しかし、借り続けることによって融資の増額も期待できるので、そこはメリットかもしれません。いまは外で働いている主婦も多いので、消費者金融はそういう主婦に人気があります。

以上のことから、銀行によっては、配偶者がしっかりとした収入があれば、専業主婦カードローンを申し込みできるということです。代表的に知られているのは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどです。専業主婦の方は対象外と商品説明に明記されていない限りは、ご希望の銀行に問い合わせてみた方が良いと思います。専業主婦が対象外で知られる銀行は三井住友銀行カードローンなどです。(こちらもご参考に→三井住友銀行カードローンが選ばれる理由とは

【参考ページはこちら】
信用金庫のカードローンの特徴ってどんな感じ?

専業主婦カードローンを申し込みをするには

今の時代、女性が働いているのが当たり前になりましたが、一昔前では本当に専業主婦が多い時代でした。現在は逆転し、女性も男性同様に働く家庭が多いので、男性側も家事や育児に協力的になってきました。これは国際的に見ても、とても良い傾向にあります。

しかしながら、未だにいろいろな事情もあって専業主婦がいることも確かです。それなりにメリットもデメリットもあります。メリットとしては、家庭のことをしっかりやってもらえるので、男性が仕事に集中できるといったこともいえますが、その反面でデメリットとしては、給与が一人分なので、経済的に厳しくなることもあるかもしれません。これはその家庭の状況にもよります。

お金のやりくりがうまくできればいいのですが、なかなかうまくいかないときには知り合いなどにお金を工面してもらうのではなく、ほかの金融機関などに借りるといいでしょう。専業主婦カードローンというものもあるので、そういったものを利用するといいでしょう。

これは、消費者金融会社のカードローンであり、今、かなりテレビのコマーシャルやインターネットなどで宣伝をしているような大手の会社でやっています。具体的には、アコムやアイフル、レイクやモビットといった会社です。収入のない専業主婦であっても借り入れができるのです。

申込は簡単です。ネットや電話で申し込みをすると、ほんの数分で審査が終了し、融資を受けることができるのです。銀行やクレジットカード会社では、審査をするのに数日かかりますので、すぐにお金を手に入れることはできません。しかし、消費者金融では、その日に手に入れることができるわけです。すぐにお金が必要な人にはとても便利なのです。しかも、少額からある程度の額まで対応してもらえます。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

しかしながら、これも借金の一つであることを忘れてはいけません。借りるのは簡単ですが、返済するのは大変なのです。ですから、計画的に利用するようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ