> > > カードローンでの開業を考えています。アドバイスください

カードローンでの開業を考えています。アドバイスください

家族で念願の喫茶店を開業することになりました。ある程度まとまったお金は準備していたのですが、予想以上に必要なものがあれこれでてきてしまい、あっという間にまとまったお金が無くなってしまいました。開業するまでにまだまだ必要なものがあるのに、資金が完全に足りなくなってしまい、かなり焦っています。カードローンに申し込んで融資してもらうことを考えています。

開業するにあたってカードローンを使っても大丈夫なのでしょうか。また、カードローンを申し込むときの理由が開業でも審査は通るものなのでしょうか。何かアドバイスがあればぜひお願いします。

急いでいるなら消費者金融の事業主カードローンですね

開業資金といえば、「国民生活金融公庫」「日本政策金融公庫」を思い浮かべる人もいるかもしれません。「事業を頑張ろうとしている人たちの後押しをさせてもらいますよ!」「事業資金を低い金利で融資しますよ!」というイメージがあるかもしれませんよね。もちろん間違ってはいません。その通りですよ。気持ちは痛いほどわかります。ありがたいですよ。

ただ、やっぱりお役所です。手間と時間がたっぷりかかります。事業資金なんて今すぐにでも融資してもらいたい!という人がほとんどだと思いますが、こちらの理由などお構いなしに、それはもう丁寧に丁寧に時間をかけていろいろ質問されて、必要な書類をふんだんに提出させられて、何度も足を運ばされて、これでもかってくらい審査に時間を費やして、「審査通りませんでした」なんてこともあるわけですよ。

もちろん、いくらでも時間をかけてかまいません!って人や、面倒な手続きを面倒と思わない人にとってはとてもいいところかもしれません。開業資金が足りなくなった時に、1~2ヶ月も待てる人にとっては、ですよ。

開業の準備をしていて、資金が足りなくなった!と気づいた人は、明日にでも融資してもらいたいくらい焦っているのではないでしょうか。焦っている人には「国民生活金融公庫」「日本政策金融公庫」ははっきりいってお勧めできません。急いでいる人には、銀行や消費者金融がだしている「事業主カードローン」「ビジネスローン」のような商品がおすすめです。どちらも事業をするにあたっての資金を融資してくれます。銀行は若干審査に厳しく、時間も多少かかります。(こちらもご参考に→審査が早くてやさしいカードローンはどこ?

とにもかくにも急いでいるのなら、間違いなく消費者金融系でしょう。消費者金融系は、総量規制の対象ですが、事業主向けのローンに関しては、総量規制の対象外となるため、限度額に制限がありません。個人向けは、総量規制の対象なので、年収の1/3までが限度額になります。銀行はもともと総量規制の対象外なので、この法律は関係ありません。

明日までに融資してほしい!とにかく早くお金が必要!という場合は、迷わず消費者金融で申し込んでしまいましょう。銀行に比べて審査が比較的緩く、びっくりするぐらいスピーディです。早いところだと、即日だったり翌日には融資してもらえることでしょう。カードローンを申し込んでおくと、必要なときにカードの限度枠内であれば、いつでも何度でも借りることができます。

開業前や開業後は、思いもよらないところでお金が必要になることがあります。そんなときのためにあるのが、事業主用のカードローンです。慌てず事業を進めていくためにもまずはカードローンを作っておきましょう。

【参考ページはこちら】
個人事業を始める前にカードローンを利用することはできる?

カードローンでの開業資金調達は可能なの?

カードローンは用途を限定しなくても利用できます。借りたお金は何に使っても構いません。また銀行や貸金業者に限らず、基本的に無担保保証人不要の金融商品ですので、マイカーローンや住宅ローンといった担保があるものに比べ金利も高めで、審査も厳密です。しかしスピーディーな審査が売りですので、大変使い勝手の良いローンとして知られています。
(⇒自分に合ったカードローン選びは様々な金融機関を比較してから

カードローンの申し込み要件に「事業性資金を除く」という項目が盛り込まれているのが多く見られます。事業性資金というのは「この借入によって利益を生み出すつもり」という大変不安定な用途です。もしそれがうまく行かなければ、返済にも影響があるかもしれません。無担保保証人不要となっているということは、どんな状況になっても返済される可能性が高い人に対して貸し付けると言っているようなものです。

このお金を事業に使うということになれば本末転倒。カードローンでの開業資金調達は「事業性資金」となりますので、それを禁じているカードローンであれば不可能となります。

ただしお金そのものには何も書いていません。カードローンで借りたお金が生活費に使われたのか、レジャーに使われたのか、開業資金に流用されたのか、貸した側はまったく知るよしもないのです。家の貯蓄から開業の準備資金を出してしまったために生活費が足りなくなって、カードローンの借入を当てるということも実際にあります。結果的に事業性資金に流用された格好になったとしても、それについて追求されることはまずないでしょう。とにかく返済を滞り無く行うことが先決です。

開業資金を借り入れるならば、開業したばかりでも返済の負担が少ない低金利の開業資金専用の商品があります。またそういった事業性資金については、カードローンとは全く違う審査内容や基準が設けられています。日本政策金融公庫や銀行が窓口となっている制度融資などが低金利で、大変借りやすくなっています。これらで借りれない場合には起業計画やキャッシュフローに問題がある可能性も高く、開業を成功させるためにも準備書類や心構えなどの精度を高めるのに役立ちます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ