> > > 自営業者のカードローンは一般と何が違うの

自営業者のカードローンは一般と何が違うの

小さな居酒屋を経営している自営業者です。年末年始など催しごとが多い月は売り上げも伸びるのですが、平日などは閑古鳥の日も多いのが悩みどころですね。収入は月によってばらつきがあり、最近はどんどん売上も落ちてきています。お客さんは入らないのにバイトの給料など経費ばっかりかさんできて、仕入れのお金すら厳しくなってきているのが現状です。どうしても先立つものがないときのためにカードローンを申し込もうと考えています。申し込む際、自営業者で申し込んだほうがいいのか、一般で申し込んだほうがいいのか悩んでいます。何が違うのか教えてほしいです。

自営業者の人は事業主カードローンがおすすめですよ

自営業者としてカードローンを申し込んだときと、個人として申し込んだときで何が違うかというと、事業費として使用する場合の「事業専用ローン」があるということです。もちろん自営業者の人が借りたお金をどのように使ってもいいフリーローンで借りることも可能です。

自営業者の人が一般の会社員と同じようにカードローンは組めますが、やはりそこは自営業者なので、収入が不安定だとみなされる場合が多いんですね。売り上げが悪かったら収入が減るわけだし、貸す側も審査に慎重にならざるをえないわけです。自営業者と会社員だったら、一般的には会社員のほうが審査には通りやすいですね。もちろん自営業者の人でも、売上が順調で安定した収入のある人ならば問題なく審査には通ります。

ただ、会社員と違って、収入を証明するものがあるかないかでも違ってきます。会社員の場合は、年末調整や給与明細で正確に証明できますが、自営業者は自己申告でしかわかりませんよね。もちろん確定申告書の書類があれば問題ありませんが。そのため、自営業者の人は、売上書・納品書・請求書などの提示を求められる場合がよくあります。提示を求められたときに書類がそろっていなければ、やはり審査は厳しいかもしれません。一般の人と違って審査は厳しいと思っていたほうがいいでしょう。

ただし、自営業者の人は個人事業主としてローンを組むことが可能です。個人が消費者金融系や信販系で融資してもらおうとした場合、総量規制という法律があるため、収入の1/3までしか借りられません。これが事業主の場合は、総量規制の対象外となるため、融資の限度額がない、ということになります。すなわち年収の1/3の枠を超えて融資してもらうことが可能ということになります。事業のための資金なのでたくさん貸してくれるってことですね。

自営業者の人が事業のためにお金を借りようとするのなら、最初から事業主専用のカードローンに申し込んだほうがいいでしょう。融資の目的がはっきりしているので、審査はすすめやすいはずです。ただし、事業主のカードローンは審査が厳しいと思ってください。本当に事業をやっているのか確認するための商標登記簿などの提出や、確定申告での書類の提出を求められることが多くあります。

事業をはじめてすぐは審査が下りない場合もあります。ある程度実績がないと認めてくれないということですね。そして審査には時間がかかると思ってください。お金が突然必要になって慌てて申込んだのでは遅い、ということですね。

自営業者の人は、商売が軌道にのっているときにこそ、事業主カードローンを申し込んでおくべきでしょう。収入が安定していて実績があるときならば、審査も通りやすいはずです。一度申込んでおけば、いざ困ったときに限度枠内であればいつでも融資してもらえるというわけです。

【参考ページはこちら】
まずは自分に合ったカードローン会社を探すことから

自営業のカードローンでも借り入れができる

消費者金融にしろ銀行にしろカードローンの審査の際に最も重視されるのは安定した収入があるか否かです。自営業のカードローンは楽に審査に受かる場合もあればその逆もあります。自営業と一口に言っても継続して安定した収入を得ている場合は楽に融資を受けることができますし、逆に自営業をまだ始めたばかりで安定した収入実績を残せていない人は審査を通過することがやや難しくなります。

また、一般向けのものと比べ自営業の方等、個人事業者向け、もしくは事業主専用のカードローンも数多く存在します。既にフリーローンと呼ばれる最も一般的なカードローンを使用している人なら知っている人も多いですが、通常のカードローンでは事業用の資金を賄うことはできません。なぜなら事業用専用のカードローンがあるからです。

事業用のものはその名の通り、用途が事業に関係する資金のみに限られますが、通常のカードローンと比べ様々なメリットがあります。事業用だけではなく、生業費にも資金を充てたいという場合にはフリーローンの中にも事業用に使っていいものもあるのでこれの使用をお勧めします。また、事業用とフリーのものに分けて2回カードローンを申請するということも可能です。

重要なことですが、フリーローンには必ず資金使途が明記してあり、事業費に使っていけないと記載されている場合には必ず守るのが大切です。そもそも事業用のほうが金利や設定額の面で通常のフリーローンと比べて大幅に得することが多く、フリーローンを事業費に充てるメリットがありません。事業用と生活用に分ける手間が気になる人は必ず兼用可能なフリーローンを探すことが大切です。自営業を営む人がカードローンに申し込んだ場合だと通常のサラリーマン等が申請した場合と比べて一般的に審査が厳しいと言われています。

カードローン会社によっても大きく異なりますが、大抵の消費者金融の場合、50万円~100万円程度の融資であれば収入証明が不要となることも多く、簡単に申請できることはもちろん、審査も早く終わるのでずか、自営業の場合だと安定した収入ではない場合も多くあるため、どの程度の額を安定して得ているかをきちんと証明しなければいけなくなります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ