> > > 自営業者がカードローンを使う場合のいい方法がありますか

自営業者がカードローンを使う場合のいい方法がありますか

自営業者です。仕事の運転資金としてローンを利用したいのですが。公的融資を受けようと専門家にアドバイスを受けましたが、日数が掛かり過ぎて全然間に合いません。それに審査が面倒で自信がありません。カードローンだと融資が早いと聞きました。自営業でカードローンを使う場合のいい方法がありますか?

自営業者用の専用ローンをお使いください

自営業者、個人事業主としてカードローンに申し込む場合は、かっては、なかなか融資を受けるのが困難でした。でも最近、公的融資を受けられない自営業者の方や、公的融資よりも早い迅速な融資を望む自営業者の方の為に、自営業者専用のカードローンがあります。

普通のカードローンと大きく違うのは総量規制の対象外になるという事です。しかも最初から自営業者や個人事業主への融資を目的に作られたローンですから自営業者が借りやすくなっているローンという訳です。その為、事業に使用しても、生活費、レジャー資金に使ってもOKというサービス内容になっています。

公的融資の場合は、審査に数週間、時にはそれ以上審査が長引く場合もあります。そのあげく、融資が受けられないとなると、お金の必要な時期を逃してしまうのと、融資を受けられないという、ダブルパンチを受ける事になって、ダメージが大きいものです。

必要な時期に、必要な金額の融資を受ける事が出来るのは専用のカードローンを利用する大きなメリットの一つです。銀行系のカードローンの中には上限金利が10%も下回る低金利の専用ローンがあります。消費者金融系の専用ローンより審査は厳しいですが、それでも公的融資を受ける時の審査の難しさに比べたらカードローンの方がずっとハードルが低いです。

しかも消費社金融系の専用ローンなら、さらに柔軟性があります。何と言っても事業主専用ローンでありながら即日融資受けも可能ですから、公的融資では考えられない迅速な融資を受ける事が出来ます。必要な時期に、直ぐに間に合うという点で、事業主専用ローンを利用される場合のメリットは大いにありますので、利用される場合はフリーローンとか、おまとめローンではなく、個人事業主専用のカードローンをお選びください。

【参考ページはこちら】
その他の職業の方とカードローン利用に関するオススメ記事

自営業者に対するカードローンを利用することが出来る

自営業者に対するカードローンを利用することで、大きな金額の融資を受け取ることが出来ます。基本的に、自営業者に対するローンは大きく分けて少額融資のローンと大型のローンの二つがあります。これらは法律によって異なるサービスの分類として分けることが出来ますので、自営業者であっても分けて利用することができます。それに関して大きな制限はありません。

そもそも、一般的なカードローンを利用するために必要になるのは信用情報と収入の証明だけです。信用情報は、消費者の債務の情報のことを言います。この情報は、信用情報を管理する専門機関によって保存されており、全国の金融機関の信用情報の照会によって簡単に知ることが出来るようになっています。信用情報に関しては一度も借金をしていなければ間違いなく審査に通ります。

カードローンにおける収入の証明は、在籍確認という方法によって証明することになります。在籍確認は、仕事場に電話をすることによって所得の確認を行う審査ですので書類審査ではありません。自営業であっても仕事場にかかってくる電話に対して応対することが出来れば、それで所得の証明を行うことは出来ます。お金を借りることに何の支障もありません。
(⇒在籍確認がないカードローンなんてあるの?

そして、自営業者に対してはこうした少額融資のサービスとは別にビジネスローンという特別なローンが存在するのです。ビジネスローンは、大手の銀行などでお金を借りることが出来なかった中小企業や事業主を相手に考えられたサービスで、金額が大きいときには数千万円というお金を貸してくれることもあります。もちろん、審査も銀行のサービスほど厳しくないというメリットがあります。

このように、自営業者が利用することができるローンには二つの種類が存在するのです。どちらのサービスを利用しても事業資金に使うことが出来ることに変わりありません。どちらも必要とする書類は非常に少ないので、大変使いやすいサービスとして人気が高いのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ