> 海外キャッシングをする時の手数料を教えて下さい

海外キャッシングをする時の手数料を教えて下さい

海外キャッシングをする時の手数料を教えて下さい

出張先の海外でキャッシングができるようにしたいので、海外キャッシングの契約を考えています。クレジットカードの海外キャッシングを利用するのですが、手数料について教えて下さい。国内のキャッシングのように海外でも手数料はかかるでしょうか?かかるとしたらどのくらいかかるのか教えて頂けますでしょうか?

利用するサービスによって手数料には違いがあります

クレジットカードの海外キャッシングは、出張の際にも旅行の際にも利用できると便利です。質問者さんはご出張で海外に向かわれるということですが、ぜひこの機会に海外キャッシングの契約をしてみてください。やはり急にお金がなくなると困りますからね〜。それが海外なら尚更です。まずは海外キャッシングが利用可能なカード会社で契約をし、海外キャッシングが利用できる状況にしておきましょう。

そして質問者さんが気にされている手数料については、契約をする前にしっかり確認しておくことをおすすめします。海外キャッシングは利用するサービスによって手数料には違いがあります。全く手数料がかからないというケースは少ないですが、手数料の違いによって金銭的な負担も変わってきますからね。まずは自分が利用したい海外キャッシングの手数料についてよく調べておいてください。

あとは金利などもよ〜くチェックしておきましょう。金利が違うだけで返済の負担は大きく変わります。さらにキャッシングでたくさん借りてしまいそうな場合は、低金利のサービスを選んでおかないと後悔してしまいますよ!もちろんたくさん借り入れをしない場合あっても、低金利のサービスならお得にキャッシングができるようになります。海外キャッシングを選ぶ際には、金利にも注目しておくといいでしょう。

そしてご出張先でお金を遣い過ぎないように、あらかじめ計画を立ててから借り入れをすることも忘れないようにしてくださいね!これは国内であっても海外であっても同様に注意するべきポイントです。キャッシングは何よりも計画性が大事ですから、お金を借りる前には必ずシミュレーションをして、計画的に返済できるようにしておきましょう。シミュレーションをしておけば完済までの目処がつきますし、無駄な借り入れをすることなく安全にキャッシングが利用できます。

特に海外ではその国の通貨で借り入れをすることになりますので、日本円に換算した時にどのくらいの金額になるのか、計算をしてから借りるなどの注意も心がけておきましょうね。

海外キャッシングは数種類の手数料がかかる

海外で多額の現金を持ち歩きたくない、あるいは現地の両替所が信用できない、などお考えの方は海外キャッシングを利用しています。国内でいつも利用しているクレジットカードを使ってキャッシングをします。この方が手数料が安く、便利だといいます。ではこの手数料というのはなんなのか。お手持ちのカードによって、利用したATMによって、利用した国によって、返済までの日数によって、この手数料はそれぞれ変わります。お得なカード、お得なATM、お得な国があるというわけです。

では、なぜ違うのでしょうか。まずはATM手数料について考えます。こちらはカード発行会社によって、無料〜210円程度となっています。無料の会社は国際ブランド会社といって、世界にまたがって使用できるカードを発行しています。他はほとんどの場合ATM手数料がかかります。国内でキャッシングをする場合も、提携ATM以外を使用すると手数料がかかりますよね。それと同じ程度の手数料です。また国によって、カード発行会社が無料としていても、銀行手数料として徴収されるところもありますので注意が必要です。

カードショッピングの際にかかる事務手数料は、キャッシングにはかかりませんが、為替手数料はかかります。これは両替の際の手数料という意味です。テレビのニュースで、本日の為替レートはいくらです、とかご覧になった事があるかと思います。あの数字は「仲値」といい、日本円を外貨に替える場合のレートと、外貨を日本円に替える場合のレートの中間の値になっています。ですから、円を外貨に替える時は、仲値+為替手数料となります。

為替手数料は一律ですので、どのカード発行会社も同じですが、更に上乗せ手数料が加わります。この上乗せ手数料は各会社で変わります。これも国際ブランドの会社では無料の場合が多く、他の会社では上乗せ率が多少異なるというふうになっています。現地で現金を両替するとき、こちらとあちらの両替金額が違った、というのをよく耳にしますが、これも上乗せ手数料の仕業なのです。

さて、次は返済です。キャッシングをしてから返済までの日数で、日割り計算をした利息が発生します。口座引き落とししか出来ないところ、振込ができて早めに返済できるところ、リボ払いに変更できるところなどありますので、こちらはカード発行会社に問い合わせが必要です。言うまでもありませんが、早めに返済した方がお得です。

海外キャッシングにかかる手数料はだいたいこれぐらいです。細かい計算をすると振込や現地での両替に比べ、お得です。ただ、海外で利用できるATMを探し、外国語の画面をタッチするのはちょっと恐いという方もいるかと思います。ご安心ください。最近では有名観光地だと日本語のATMを置いていますし、事前に企業のサイトで調べれば、ATMがある場所を地図で示してくれますので、それをプリントアウトして持って行くのもいいでしょう。また携帯アプリでATMが探せる物もありますので、ダウンロードしておくと便利です。

国内でキャッシングする際の利率と海外でキャッシングする場合の利率は違いますので、こちらはよく調べておいてください。それと、海外でのキャッシング利用限度額も事前に知っておいてください。その前に一番大事な事ですが、あなたのお手持ちのカードは海外でキャッシングできますか。発行会社に聞いておきたい事は結構たくさんありますね。そんな時はお気軽に相談窓口へ電話です。「海外に行きます。知っておいた方がいい事を教えてください」と電話をかけてみればいいのです。海外キャッシング、おすすめです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ