> カードのキャッシング枠が減額されることってあるんでしょうか?

カードのキャッシング枠が減額されることってあるんでしょうか?

カードのキャッシング枠が減額されることってあるんでしょうか?

いつもクレジットカードでキャッシングをしている者です。現在は10万円の限度額になっていますが、キャッシング枠が減額されることってあるんでしょうか?今までそのような経験はありませんが、話を聞くと、限度額が減らされたということもあるらしいので気になって・・・。

場合によっては減額されることもあります

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠と同様に利用者の収入によって決められています。そのため、収入面に問題があるなど場合によってはキャッシング枠の限度額が減額されることもあるのです。質問者さんはまだそのようなご経験はされていないようですが、現にキャッシング枠の限度額が減らされてしまった、というケースはありますからね。もし今後収入面に変化が現れたような場合は、減額される恐れもあるということを頭に入れておきましょう。

けれども、キャッシング枠の限度額が減額されることは悪いことばかりではありません。限度額は安全にキャッシングができるように決められているものなので、減額されずにそのままの状態で借り入れできるようになっているよりも、減額された方がより安全にキャッシングできるようになるのです。

特に収入面の変化によって減額される場合は、今現在の収入をもとに改めて限度額を設定するという見方もできるので、決して悪いことばかりではありませんよ。減額されても「安全にキャッシングができるようになるんだ」と考えれば、今後も気持ち良くキャッシングを使っていけるでしょう。

また、キャッシング枠が減額される理由の一つとして、キャッシング枠があまり使われていないというケースが挙げられます。クレジットカードは使うことで利用者としての信用が得られるサービスなので、キャッシング枠が設けられているのに全く使わないでいると、キャッシング枠の限度額が減らされることがあります。これはカードローンなどにも同様に言える注意点です。

逆にキャッシング枠をよく使っているというような場合は、減額ではなく増額の対象になりやすくなります。もちろんこれまで一切キャッシングトラブルを起こしていないことが前提となりますけどね。

キャッシングを正しく使っていれば限度額を増やしてもらえる可能性もあるので、まずはこのままトラブルなく借り入れ・返済をしてみてください。そうすれば10万円以上の借り入れができるようになるかもしれませんからね。今よりもっと借りたい!という気持ちがあるなら、今で以上にキャッシングの使い方に気をつけていきましょう!

キャッシング枠を減額した方がいい人とそのままでもいい人

クレジットカードのキャッシング枠を減額する人がいます。増額したい理由ならなんとなく分かりますがわざわざ減額するメリットはなんでしょう。よく耳にするのが盗難の危険性です。しかしキャッシングの際には暗証番号が必要です。ネットキャッシングする場合はIDとパスワードでログインし更に暗証番号を入力します。そう簡単に他人が現金を引き出せるでしょうか。暗証番号で守られている以上、他人が不正使用するには少し疑問が残ります。盗難に気づいた時点でカード会社と警察に連絡を入れれば、カードの利用停止の処置をとってもらえますので、気をつけていれば被害に遭う事もないかと思います。

しかし気をつけたい問題があります。不正利用されたキャッシングについて、これを補填する保険はほぼないのです。特に暗証番号を生年月日にしたり一緒に保管したりすると、管理不十分という事で自己責任は免れません。裁判に持ち込まれたケースもありましたが、この場合カード会社が勝訴しています。カード申し込み時の契約内容に「自らにも過失がある場合、補償が受けられないことがあります」とあるためです。

最近はスキミングなどの被害もあります。スキミングというのは他人のカードの磁気情報を特殊な装置を使って読み取ることです。読み取った情報を元に偽造カードを作って悪用します。厄介なのは、カード自体は盗まれていないため、被害にあった本人がすぐ気づかない事。その間中、カードは悪用され続けます。盗難届を出すのは請求金額に驚いてからという事が多いのです。

スキミングで暗証番号までは読み取れません。ですからこれも通常の盗難と同じで、保証の対象外になります。しかしATMを利用した際に出てくる伝票の情報などを利用して、新規に暗証番号を変更・登録する事は可能です。こうなってしまってはお手上げ。暗証番号を分かりにくいものにしていても、取り扱い伝票を安易に捨ててしまったのでは「自らに過失がある場合・・・」に引っかかります。自分に過失はないと証明するのは難しいのです。

これからすると、被害にあった場合、自己責任になる可能性は高いです。やはり限度額の減額は安全策として講じておいたほうがいいようです。被害を防ぐ案をいくつかご紹介。暗証番号を分かりにくいものにする。暗証番号を一緒に保管しない。スキミングに遭いそうな場所にカードを放置しない。カードには必ず署名をする。利用明細をチェックし、身に覚えがない利用に対してはすぐ問い合わせをする。利用のたびにメールが届く通知サービスを利用するなどです。

ほかに住宅ローンなどの審査に影響が出るという人がいます。限度額を減らせと言った担当者の真意が分からないところです。住宅ローンの審査をするとき、担当者が重視するのは、現在の借入残額です。カードを何枚持っているとか、限度額がいくらとかは問題になりません。実際に今残っている借金の総額が重要なので、住宅ローンのために利用していないカードを解約してくださいという担当者はまずいません。もし言われたのなら、断る口実なのね、ぐらいに思ってください。だって、住宅ローンを組んだ後でも新規でキャッシングの申し込みはできるんです。

ただ、現在残高がなくてもキャッシング履歴が頻繁にあるとか、明らかに自転車操業しているとか、延滞履歴があるなどは住宅ローンの審査にひっかかります。住宅ローンを申し込むため慌てて借金を整理したとしても過去6ヶ月間の履歴は確認できますし、延滞の記録などは5年間残ります。ですから住宅ローンの審査に落ちたのは、カードの限度額が問題ではなく、利用状況に問題があったということになります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ