> キャッシングを利用できる年令はいくつからですか?

キャッシングを利用できる年令はいくつからですか?

キャッシングを利用できる年令はいくつからですか?

私は先月20歳になりました。キャッシングは成人したら利用できると聞きましたが、ほんとでしょうか?キャッシングを利用できる年令についてちゃんと知りたいので教えて下さい!また、私は利用するとしたらカードキャッシングを希望したいです。カードキャッシングも成人したら利用できるものですか?

キャッシングは満20歳以上なら利用できます

通常のキャッシングにしても、カードを利用するカードキャッシングにしても、満20歳以上なら契約可能です。質問者さんは20歳ということですから、キャッシングでお金を借りることはできますよ。ご安心くださいね。ただし、キャッシングをするならしっかりと計画を立てて利用しなければなりません。年令がいくつであっても、キャッシングを利用する以上は計画性を持っていなければならないのです。まずはその点に注意しておきましょうね!

キャッシングの計画を立てる時には、とにかく返済のことを一番に考えておくことが大切です。返済できるかどうかを考えてから、いくら借りるべきか考える。この流れがキャッシングを計画的に利用するために重要なポイントとなります。よ〜く覚えておきましょう。そしてキャッシングの計画を立てる際には、キャッシングの「返済シミュレーション」というものを利用すると簡単にプランを考えることができるのでおすすめです。

返済シミュレーションはキャッシング会社のホームページから利用できます。たとえば、借り入れをしたい金額を入力して利息を返済金額を算出するシミュレーションを利用すれば、借り入れした金額をしっかり返済できるかどうかをシミュレーションすることができます。このシミュレーション結果は希望した金額を借り入れしても無事に返済できる、ということを表しているので、質問者さんさえしっかり返済できれば安全にキャッシングを利用できるようになるわけです。

その他、返済シミュレーションでは借り入れ期間から算出する方法、月々の借り入れ金額から算出する方法などがあります。様々なシミュレーションができるようになっていますので、自分自身が納得できるまでシミュレーションをしてからキャッシングの契約をするようにしましょうね。

また、シミュレーションは各キャッシング会社でやっておくとより安全な借り入れができるようになります。各キャッシング会社ごとに金利は違いますからね。金利に違いがあると利息まで変わってきます。利息は必ず支払うべきものなので、利息分まで頭に入れてキャッシングするよう注意してくださいね!

ほとんどのキャッシング会社に年令制限があるわけとは

キャッシング申し込み審査の際、最も重要なのは「返済能力があるか」という事です。安定した収入があれば、借入は可能なのです。ではなぜ年令制限があるのはなぜでしょうか。ほとんどのカード会社に年令制限があります。大体20歳〜65歳になっているようです。これは、未成年には収入がない、定年退職後には収入が減る、という一般的な見解によるものです。しかし未成年者でも収入のある人はいますし、年金収入も安定収入と認められています。他にも年令制限を設けた理由がありそうですね。

未成年の借入ができないのはなぜか。これは民法の条文にありました。「未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない」また、同意のない契約は取り消せるとも書いてありました。例えば未成年者が成人であると偽る、あるいは法定代理人の同意があると偽って申し込んだとします。キャッシングを散々したあげく、全部使ってしまい、とうとう返済できなくなりました。すると実は未成年でしたと、代理人は取り消し権を言ってくるでしょう。同意した、しなかった、とトラブルになるのは目に見えるようです。

取り消し権を使えば、残りの負債を払わなくてもいいと勘違いしている方もいるようですが、キャッシングの場合、取り消し権は認められません。契約書にそう書いてあります。しかし、トラブルになる可能性は極めて高く、その処理にかかる費用も発生するわけです。貸し付ける側にとっては全くメリットのない取引きです。このようなリスクを避けるため、未成年者への貸し付けは行っていないのです。

65歳以上に貸し付けをしない理由は、収入の増収の見込みがないからでしょう。定年退職後の収入が年金受給のみになる可能性は十分にあります。国民年金の平均受給額は5万から6万円です。キャッシングは年収の1/3以内と貸金業法で決まっていますので、限度額はせいぜい10万から15万。企業としては、それよりも高収入の年齢層にターゲットを絞ったほうが実入りがいいのです。また、高齢のための心配もあります。万が一死亡した場合、負債は負の遺産として相続され、それを放棄されてしまうと、企業は不良債権を抱える事になってしまいます。

つまり、あらゆるトラブルを回避するための予防策として年齢制限があるわけです。どちらも納得のいく理由だと思います。カード会社も利益を出さなくては行けませんから、仕方ありません。それでも企業努力をしている会社はあります。上の年令制限を70歳まで伸ばしているところもあります。年金受給のみでもOKと広告を出しているところもあります。下の年令制限の対策としては、学生ローンというものがあり、基本20歳以上が条件ですが、親の承諾があり、安定した収入があれば借入ができます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ