> 複数のキャッシングでお金を借りることは許される?

複数のキャッシングでお金を借りることは許される?

複数のキャッシングでお金を借りることは許される?

複数のキャッシングやカードローンでお金を借りることは許されるんですか?今はある消費者金融でお金を借りています。でも他の消費者金融でもカードローンを作ろうかと思っているんですが、こういうことは許されることなんでしょうか?うわさでは複数のキャッシングをしている人もいるという話を耳にするので、私でも可能であるか知りたいです。

複数のキャッシングで借り入れすることは認められています

一般的な消費者金融では複数のキャッシングやカードローンを利用してお金を借りることは認められています。そのため2社や3社など多くの消費者金融で同時に借り入れをすることもできますし、質問者さんのように今まで利用していたサービスに加えて新たにカードローンを契約する、ということも可能です。けれども、認められているからといって必ずしも安全に借り入れができるとは限りません。むしろ、複数のキャッシングやカードローンを利用することは危険な点が多いのです。

まず複数社で契約して借り入れをした場合、単純に借り入れ金額が高くなりますよね。たとえばA社で2万、B社で3万、C社で4万借り入れしているとしましょう。この場合は合計9万円の借り入れ金額となりますが、利息はそれぞれの消費者金融ごとに付くことになるので、総返済額は9万円を超える金額となります。その9万円を無事に完済することができれば問題ありませんが、借金を返すというのは決して簡単なことではありません。ましてや10万円近い金額を返していくためには、長期間が必要になることもありますよね。

質問者さんは現在いくら借り入れしている状態でしょうか?そして新たにカードローンを契約をした時にはいくら借り入れする予定でしょうか?まずは現在の借り入れ金額とこれから借りる予定である金額をプラスし、さらに利息を含めた金額を計算してみてください。それが最終的に質問者さんが支払う総返済額になります。

もちろん現段階での総返済額なので、返済期間が長引くほど利息は膨らみ、今よりももっと返済負担が増える恐れもあります。思わぬ返済負担が増えてしまわないように、借り入れ金額を決める際にはあらかじめどのくらの期間で完済するか、という問題についても考えておいた方がいいでしょう。

複数社で借り入れをするとそれぞれのキャッシングやカードローンの利息をその都度計算しなければならないため、中には「どこにいくら返済すればいいんだっけ?」と借金の状況を把握しきれない利用者も実際にいます。このような状況になってしまうと返済トラブルがいつ起きてもおかしくないので、まずは複数のキャッシングやカードローンを利用するなら自分自身の状況をしっかり把握できるようにしておいてください。

また、少しでも返済トラブルが起きてしまいそうになっているなら、早めに「おまとめローン」などを利用して返済金額を一つにまとめてしまうことをおすすめします。おまとめローンを利用すれば利息の計算も一社に絞れるので、現在の返済金額を把握しやすくなります。これはトラブルを回避するための手段なので、複数の借り入れを抱えてしまう前によ〜く覚えておいてくださいね。

複数のキャッシング審査申し込みは個人信用情報に記録が残る

複数のキャッシング審査申し込みは不利になる、審査がよけい通りにくくなる、また個人情報に傷がつく、信用を落とす、などとよく耳にします。審査の仕組みが分かればこの情報の真意が分かるかと思います。実は、私も複数の申し込みはあまりよくないと思っています。でもこれは傷がつくという理由ではなく、無意味だと考えているからです。

個人がキャッシングの申し込みをすると、貸金業者では必ず審査を行います。審査は指定信用情報機関に記録されている情報を参考に行います。申し込み時に登録される申し込み情報と、契約後に登録されるクレジット情報、利用の際に登録される利用記録が閲覧できます。調査をしたら、今度は今回申し込みをしたという事実を残します。「〇〇会社が○月○日に申し込み契約の調査のため照会した。」というぐあいです。これは審査に通っても通らなくても、契約をしてもしなくても残します。

審査依頼をするたびに、照会回数が1件ずつ増えていくというわけです。申し込み情報と利用記録は6ヶ月間記録が残り、クレジット情報は5年間残ります。主な情報は、住所・氏名・性別・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・公的資料番号(運転免許証の番号などです)・過去のキャッシング契約内容(契約日・商品名・支払い回数・限度額・契約終了日・契約会社名)(借入残高・請求額・入金額・延滞の記録・延滞解消日・終了状況)などです。

貸し付けを行うかどうかは情報機関ではなく貸金業者が判断をします。判断の基準は企業ごとに違います。照会件数が多いのに、契約の記録がない場合、契約を断られたからだと判断する企業もあれば、実際の借入がないと判断し貸し付けを行う企業もあります。ですから照会件数が多いからといって、一概に不利とは言えません。全ては企業の判断です。しかし、前者のような企業がいるとすれば、むやみに申し込みをしないほうがいいとなります。

複数箇所に申し込む時とはどういった時でしょうか。例えば契約を断られたので別の企業にあたった。どこの企業からOKがもらえるか試しに申し込んでみた。限度額が低いと審査が甘いから、複数箇所から借りて合計したい、などでしょう。しかし、どちらの場合も全て記録から推察されてしまいますので、あまり意味はないかと思います。貸し付け担当者は調査のプロです。こちらの思惑などお見通しです。

キャッシングは担保も保証人もいりませんので、貸し付けるかどうかは個人の信用度のみにかかります。もし、情報機関に申し込み者の名前で検索をかけ、ずらーっと記録が出てきたら、「ウワーこの人大丈夫かなあ。」と思われるのも仕方ないのかもしれません。記録を汚さない事がやはり重要ですね。既に汚してしまった場合、記録が消える6ヶ月後に再挑戦する方がいいでしょう。その間に申し込み情報と利用記録はまっさらキレイになります。でもクレジット情報は5年間残りますので、もし現在負債があるなら、6ヶ月の間に延滞せずコツコツ減らしていく努力も必要です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ