> カードローンなら無担保で借入できるんですよね?

カードローンなら無担保で借入できるんですよね?

カードローンなら無担保で借入できるんですよね?

借入する時に担保が必要な場合があるようですが、カードローンなら無担保で借入できるんですよね?借入はしたいですが担保にできるものなど無いので、できれば無担保で借入したいと思っています。銀行などで利用できるカードローンなら無担保で借りられるという話を聞いたのですが、本当かどうか確かめるために質問させていただきました。

カードローンは基本的に無担保での契約です

カードローンはキャッシングサービスの一種です。銀行はもちろん消費者金融でも利用できるサービスで、現在も多くの人が利用しています。基本的に無担保での契約となるので、質問者さんもすぐにでも契約することができますよ。

ただし、カードローンでお金を借りる前には必ず審査を受けることになります。審査に通ることができない場合は借入することはできません。これはカードローンを利用する上でのルールです。銀行でも消費者金融でも審査を受けることは必須条件となっているので、あらかじめ注意しておきましょう!

無担保で借入できるというメリットはあるものの、やはり審査をしないことには安全にカードローンを利用できるかどうか見極めることができませんよね。たとえば、既に借金がある場合。借金を抱えているにもかかわらず新たにカードローンを利用するという人も少なくありませんが、この場合は審査に落とされてしまう確率が高くなっています。

既に借金があるのですから、新たな借入をするとさらに返済の負担が増えてしまいますよね。返済の負担が増えると無事に完済できる可能性も低くなってしまうので、最初から審査に通さずに融資を断る銀行や消費者金融が多いのです。

特に銀行は審査基準が厳しく、借金だけではなく収入が少ない場合なども審査に通りにくくなっています。審査に通るためには金融機関側から安全な利用者だと認めてもらう必要があるので、できる限り金銭的な問題を抱えていない状態で審査を受けるようにしましょう。

また、カードローンは無担保というだけではなく、保証人不要でも借入できるサービスでもあります。ローンサービスでは連帯保証人を付けなければならないという条件が多く見られますが、カードローンに関しては連帯保証人を付けずに借入することができます。無担保以外にも保証人不要というメリットがあるサービスであることも人気の理由の一つです。

けれども、保証人を付けないということはカードローンを利用した本人に全て責任が問われるということになります。カードローンでお金を借りた責任は自分自身にあることを忘れないように、正しくカードローンを利用していきましょうね!

無担保借入は便利で簡単!きちんと返済すれば個人信用度も上がる

クレジットカードを作るとき、あるいはキャッシングの申し込みをするとき、金融機関では信用調査を行います。いわゆる「審査」というものです。無担保で借入ができるということは、個人の信用度に対して貸し付けを行うということですので、信用調査は企業にとって重要になります。

この信用調査は「指定信用情報機関」で行います。これにはほとんどの金融会社が加盟していますので、情報の共有が可能です。一度でも借入の申し込みをしていれば、ここに記録が残ります。この調査でOKが出るという事は、あなたの信用度は問題ないということです。

では、「指定信用情報機関」にはどのような情報が記録されているのでしょうか。ここには利用者の住所・氏名・年令・職業・年収・勤務先などの個人情報のほか、過去の契約件数・返済回数・借入残高・返済状況・延滞履歴などが記録されています。これは「貸金業法」という法律が、金融会社に報告を義務づけているからです。

キャッシングの魅力は担保がいらないこと。給料日までのつなぎや、急な出費の場合には本当に助かります。初めての申し込みもネットでできますし、即日審査、即日振込もOKです。翌月、返済の準備ができた時点ですぐに振り込みをすれば、利息もそれほどかかりません。初めてご利用の方だけの30日間無利息キャンペーンも魅力です。

この気軽に利用した履歴も「指定信用情報機関」に記録が残ります。しかし延滞の記録がなければ信用度に傷がつく事はありません。借入先も一カ所程度でしたら、なんの問題もありません。気をつけたいのは複数箇所からの借入です。小額でも他からの借入を返済に充てたと思われてしまうのです。

例えば、審査の結果、借入限度額が50万円だった人が、一度に限度額まで借入し、延滞する事なく完済した場合と、限度額が10万円だった人が、5カ所の金融会社からそれぞれ限度額まで借入し、数回延滞してしまったけれども、なんとか完済した場合。さて、どちらの信用度が上かというと、限度額が50万円の人が上になります。

借入限度額は、個人の信用度に比例します。ですから10万円の人よりも50万円の人の方が信用度は上です。さらに借入先が数カ所あれば、他の借入金を回して返済に充てた思われます。延滞も信用度を下げます。ですから、「指定信用情報機関」に残す初めての記録を、絶対に汚さないということがポイントになります。

信用度を上げる借り方とは、初めてのキャッシングの申し込み先を一カ所に絞り、必要な額をあらかじめきちんと決める事で借入回数を減らし、延滞をしないという事になるわけです。初めてのキャッシングだと、審査も通りやすいですし、金融会社もきっと貸し出したいはずですので、このタイミングは大切にしたいですね。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ