> 無職でも今すぐにお金を借りることはできますか?

無職でも今すぐにお金を借りることはできますか?

無職でも今すぐにお金を借りることはできますか?

私は今、無職です。というか求職中です。正社員としての仕事を探している最中なんですが、それまでの繋ぎとしてキャッシングを利用したいと思っています。ただ私は無職なのでキャッシングが利用できるか心配なんです…。無職でもお金を借りることはできますか?または、無職の人でも借りられる方法というものはあるんでしょうか?

原則として無職の場合の借り入れはできません

キャッシングには必ず審査があります。その審査では規定の利用条件をもとに状況を判断し、結果を出していくことになります。主に挙げられる利用条件の中には、年齢が満20歳以上であること、仕事をしていること、安定した収入を得ていることの3点がありますが、質問者さんの場合は仕事をしている点と安定した収入を得ている点には当てはまりませんね。このようなことからキャッシングの利用は不可能に近いと言えるでしょう。

どのキャッシング会社でも、原則として無職の場合の借り入れはできないことになっています。無職ということは、たとえ借り入れをしても返済に充てるためのお金が得られる状況にはないということですから、仕事も収入もない人はキャッシングの利用者として認められていない、というわけです。

けれども、これは原則として挙げられる利用条件です。中には無職であってもキャッシングが利用できるケースがあるので、例を挙げておきましょう。質問者さんの状況に当てはまる例ではないかもしれませんが、キャッシング会社によっては専業主婦や専業主夫など配偶者がいる場合なら借り入れが可能となることがあります。

たとえば、旦那サマが働いている場合。専業主婦は無職の状態なのですが、配偶者である旦那サマに安定した収入があるということが認められれば、無職の専業主婦でもキャッシングを利用することができるのです。これはあくまでも一例ですので、必ずしもキャッシングの利用が認められるわけではありません。けれども、無職でも借り入れができるケースもあるということも頭に入れておきましょう。

ただし、それ以外のケースでは原則キャッシングは不可能となります。どうしてもお金を借りたいなら、まずは仕事を探すことに専念することです。貯金も少なくなってきたり今後の不安も高まってきたり心配事も多くなるかと思いますが、どのような仕事でもいいので収入を得られる状況になることが第一ですよ。

キャッシングに関しては、無職ではなければパートでもバイトでも収入がある人は借り入れできるようになっています。正社員として再就職することを望む気持ちは分かりますが、どのような仕事でも収入は得られます。無職の状態から早く抜け出すためにも、バイトでもパートでもいいので仕事に就くことから始めてみましょう。

無職でもお金を借りるのは条件つきで可能です

よくカードローンの悩み相談では、「無職でもお金を借りるのは可能ですか?」というものをよく見かけます。ですが、そこまでカードローンについては大げさなものではありませんので、無職でもお金を借りるというのは現代では自然な話です。人によっては生活でローンをしないといけない人もいますし、肝心なのは「払えるかどうか」となります。例えば、無職であっても借金をまだしていないのであれば借りられるでしょう。

ただ、可能であれば無職ではなく仕事先が決まっているのだけれど、収入が発生するのは来月から・・・という状況が好ましいです。そのような状況であれば、銀行・サラリーマン金融のどちらでも借りるのは難しくありません。逆に、現在返済が滞っているうえに収入がないのであれば、貸してくれるところはありません。銀行などの金融業者は返済能力というものをチェックしておりますので、カードローンの申請用紙に嘘の記入をしてもすぐにバレます。

それと、どうして無職でもお金を借りるのが可能なのか?と思う人もおられるかと思います。その理由ですが、1つは収入がなかったとしても家族などに返済を督促できる場合があるからです。借りる人が主婦で返す人が旦那さんといった状況がそうです。もう1つは、生活保護の状況であってもカードローンが可能という点です。生活保護で浮いた金額を返済にあてている人もいますので、無職=無収入というような扱いばかりではなかったりします。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ