> カードキャッシングで自己破産した人っているの?

カードキャッシングで自己破産した人っているの?

カードキャッシングで自己破産した人っているの?

突然なんですが、カードキャッシングで自己破産した人っているんですか?今カードキャッシングをしているので、自己破産という話を聞くと借り入れしているのが凄くこわくなりました…。自分の場合は返済できてますし、今の所は問題は起きてませんが、これから何かトラブルが起きてしまったら…と考えるとこわくなります。

でも自己破産をする人がどうして自己破産をしてしまったかが分かれば、トラブルを防げるのでは?と思います。自己破産をしないようにカードキャッシングをする方法を教えてください!

とにかく節制しながら正しく利用することですね

カードキャッシングは便利なものですが、使い方次第では大きなトラブルを呼び込んでしまいます。質問者さんがご心配されているように、カードキャッシングを使ったことで自己破産に陥るケースも実際に起きているのです。自己破産に陥るまではいかなくても、カードキャッシングを二度と利用できないようになったり、ブラックリストに載ってしまったり、様々なトラブルが起きる恐れもあります。

こうしたトラブルを起こさないようにするためには、とにかく節制しながら正しくカードキャッシングを利用することですね〜。カードキャッシングは利用者の使い方次第でメリットが大きくなるものでもありますし、反対にデメリットが大きくなるものでもあります。使っているサービスは同じなのに、どうしてこのように正反対の特徴が現れてきてしまうのか。そこにはカードキャッシング利用者の自制心が関係してきます。

質問者さんはカードキャッシングを利用している時、どのようなことを考えて借り入れや返済をしていますか?もし返済のことを一番に考えているようであれば、今後も問題なくカードキャッシングを利用していくことができるでしょう。けれども、借り入れのことを一番に考えてしまっている場合は、いつトラブルが起きてもおかしくありませんね。

と言うのも、カードキャッシングは返済ありきのサービスだからです。カードキャッシングでお金を借りたら、借りたままではなく返さなければなりません。お金を返す時のことを考えずに借りてしまうと、いざ返す時になって「返済金額が足りない」とか「返済期日を忘れてしまった」とか、トラブルが起こりやすくなります。

しかし、自制心を持っている人は必ず返済のこと考えてから借り入れをするので、返済金額が不足することもありませんし、返済期日を忘れることもありません。返済をする時に慌てることがないので、安全にカードキャッシングを利用することができるというわけです。これがカードキャッシングの基本的な使い方ですので、これからまた借り入れをする際には必ず返済のことを一番に考えるようにしてください。そうすれば自己破産に陥ることもありませんし、様々なトラブルを回避することもできますよ。

自己破産後もカードキャッシングが可能な場合がある

人生再起のチャンスとして自己破産を選んだにもかかわらず、怪我や入院など、突然の出費に困り果てる事はあるかと思います。できればキャッシングに頼らないでもいい生活を送っていただきたいと願うばかりです。でも、あとたった1万円あれば・・・。そんな日が来るかもしれません。キャッシングができれば本当に助かりますよね。キャッシングは今回だけで、返済するあては必ずある、すぐに返済できる。そんな場合などに限っては、ご利用いただいてもいいかなと思います。

自己破産の情報は貸金業者が登録している「指定信用情報機関」に5年間残ります。キャッシングの審査にはこの「指定信用情報機関」での検索をしますので、5年以上経過していれば、問題なくキャッシングができます。しかし5年以内だと、審査に落ちる可能性はあります。大手キャシング会社での借り入れは難しいですが、国からきちんとした許可をもらっている中堅会社だとOKの可能性はありです。

これらの会社は、自己破産でもOKと広告にも出しています。ただ、自己破産後に免責の決定を受けている事が条件になります。免責は弁護士に相談していただくしか方法がありませんが、大体の場合、自己破産後に免責の手続きをしますので、心配はないかと思います。

限度額は多少小さくなります。でも自分で借り過ぎをセーブできない人はこのほうがいいでしょう。むしろ減額する事をおすすめしたい。審査はもちろんあります。自己破産の情報をカード会社はきちんと把握した上で貸し付けをしています。このタイプの会社はどちらかというと問題を抱えている顧客の方が多いですので、破産後のキャッシングの相談に親切に乗ってくれます。両者の信頼関係が大切ですので、申告は正直になさってください。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ