> 自己破産者はもう二度と融資を受けられないんですか?

自己破産者はもう二度と融資を受けられないんですか?

自己破産者はもう二度と融資を受けられないんですか?

自己破産者はもう二度と融資を受けられないんですか?知り合いがカードローンで自己破産をしてしまい、途方にくれていました。それでもまたキャッシングをしたいなどと言っているのですが、一度自己破産者になると融資を受けるのは難しいですよね?私はそのように伝えたのですが、これはわたしが勝手に認識していることですし、本当かどうかあやしいので質問してみました。

ブラック扱いになっている間は融資を受けられません

カードローンやキャッシングといった金融サービスを利用し、何らかのトラブルを起こして自己破産者となってしまった場合、基本的にブラック扱いとなります。ブラック扱いというのは、ブラックリストに載っている利用者と同じ扱いになるという意味で、今までのようにカードローンやキャッシングで融資を受けることはできません。一度でも自己破産者になった場合は、質問者さんの見解通り融資を受けるのは難しくなってしまうのです。

しかし、二度と融資を受けられないということではありません。ブラックリストに載る場合にも当てはまるのですが、リストに載っている期間というのは長期となるものの、時期が来ればリストからは抜けられるようになっているのです。約10年ほどはかかるとは言われていますが、その年数よりも早く抜けられる人もいれば、その逆パターンもあります。まずはその時が来てみなければ分からないので、ブラック扱いから抜けることができればまた融資受けられる、ということだけはご友人にお伝えください。

もちろん、ブラックから無事に抜けて融資を受けられるようになったとしても、同じように自己破産に陥ってしまってはどうしようもありません。自己破産をしたという事実を本人がしっかりと受け止めなければなりませんし、カードローンやキャッシングを利用するにも普通の人よりずっと注意力が必要になります。

一番安心なのはブラック扱いから抜けても抜けられなくても、金融機関から融資を受けることは当分の間は控えておくことですね。確かにカードローンもキャッシングも便利なものです。けれども、それは正しい使い方をしたからこそ得られるメリットということを忘れてはいけません。自己破産をしたのは利用者自身が誤った使い方をしてしまったから、ということが原因です。

一度自己破産をしてしまったら、「もう二度とカードローンもキャッシングも使わないようにする」というような決意がなければ、また同じような状況に陥ってしまうことも考えられます。なかなか難しいことではありますが、ご友人にも自分自身の安全を大切にするようしっかり伝えてあげてくださいね。

自己破産者融資は街金利用で対応がされる

自己破産者融資が、どうして一般の銀行では無理なのか?というと、それは「自己破産者融資には年数のルール」があるからです。今では、自己破産者になったものについては、融資だけでなく金融商品のほとんどを購入できなくする措置が図られています。また、自己破産者だけでなく多重債務を抱えてしまい、返済が滞ってしまったもの、もしくは返済については利息抜きで返済をすると約束したものは、数年以上で融資を受けられなくするという措置になっています。

また、そのような状態で自己破産者が融資を受けるというのは無理です。もし、借りられたとしても20万円以内であったり、ショッピングローンで許可が出た場合のみローンが組めるというものです。通常では、30~100万円の間でローンというのは自由に組めるようになっています。それを考慮にいれると、さすがに20万円を限度額とするカードローンやキャッシングローンはきついものがあるでしょう。

しかし、自己破産者融資が無理な話については銀行の話です。銀行は情報を共有しているので借りられないような業者がいるだけ・・・と思っておきましょう。なので、自己破産者融資を考えているのであれば、街金とされている銀行とは別の個人(グループ)で経営している金融業者を利用します。この業者の場合、自己破産者として登録されている個人であっても、通常の金利で貸出をしているようなケースは多いですし、なによりも30万円前後で借入可能という安心できる金額でのローンプランが用意されていたりもします。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ