> もしキャッシングで自己破産をしたらどうなるんでしょうか?

もしキャッシングで自己破産をしたらどうなるんでしょうか?

もしキャッシングで自己破産をしたらどうなるんでしょうか?

もしもの話なんですが、キャッシングで自己破産をしたらどうなるんでしょうか?私はキャッシングを使い始めて一年が経ちました。私はカードローンのキャッシングを利用しています。たま〜に借り過ぎてしまうことはありますが、今のところ、問題も起こさずにきっちり返済できています。でも、時々は「返済できなくなったらどうしよう」と不安に苛まれることもあるのです。

最近はキャッシングを使っている人も多いようですけれど、自己破産を経験した人も多いようですよね?キャッシングで自己破産をしてしまった場合はどのような処分になるのでしょうか?やっぱりキャッシングはもう使えなくなってしまいますか?

自己破産を経験した後はブラック扱いになります

キャッシングやカードローンでトラブルを起こしたことをきっかけに自己破産に陥った場合、サービスにおいてはブラック扱いになります。ブラック扱いということは、今までのようにキャッシングを利用することもできませんし、他のキャッシングやカードローンとの契約をすることもできなくなる、ということです。自己破産をするというのはそれだけ大きなトラブルですので、十分理解しておきましょう。

質問者さんは現在カードローンを利用して借り入れしているのですね。「返済できなかったら・・・」という不安を感じたご経験もあるようですが、本当ならば一度でも不安を感じたらカードローンの利用を改めることが必要なのです。カードローンでの借り入れは返済できることを前提に利用しているわけですから、返済できないという不安を感じている時点で正しくサービスを利用できていないことになります。

たった一度であっても、また今後返済に対する不安を感じてしまうことはあるかもしれませんよね。さらに不安を感じるだけではなく、実際に返済ができなくなる事態に陥る恐れもあります。そのようなトラブルを起こさないようにするためにも、少しでも不安を感じたらカードローンの使い方について改めて考え直してみてください。

質問者さんはご自身でも「お金を借り過ぎてしまうことがある」と認識できているのでまだ安心ですが、中には借り過ぎているという意識もなくカードローンを使いまくってしまう利用者もいるんですよ〜。これは非常に怖い使い方です。お金を借り過ぎている意識があるなら、まずは借り過ぎることをなくしていくことから始めましょう。

いつも必要最低限の金額だけを借りていれば、返済に不安を抱くこともありませんし、自己破産に陥ることもありません。キャッシングやカードローンは利用者の使い方次第でいい方に向かうこともあれば、悪い方に転んでしまうこともあります。借り入れをすることで自分自身がいい方に向かえるように、正しい使い方を身につけておきましょうね!

自己破産していてもキャッシングは可能です

自己破産というと、キャッシングはダメというイメージがあります。また、自己破産は年数で情報が保有されているので、定められた年数を超えないといけないというようなルールについても、耳にされている人は多いでしょう。ですが、あくまでもこれらは大まかな決まりに過ぎません。人によっては、自己破産から3年ほどしか経過していなくてもキャッシングされている人もいるのです。

では、どうしてキャッシングが可能なのか?というと、キャッシングそのものが可能な金融業者が多いからです。金融業者というと、誰もが銀行などをイメージされてしまいますが、実は銀行以外にもサラリーマン金融や街金がありますので、自己破産の扱いについては違ってくるのです。サラリーマン金融の場合、金額を低くして・・・であれば借入が可能となっておりますし、審査についても厳しくはありません。

街金の場合、そもそも自己破産という扱いを意識していないような業者もあります。また、無許可運営をしている街金やヤミ金ではありませんので安心して大丈夫です。街金の場合、信用情報機関が銀行などとは違うのです。銀行の場合、有名な数社からで信用情報を仕入れるようにしています。なので、銀行は自己破産の扱いがどこにいっても同じとなっているのです。しかし、街金の場合には信用情報が狭いので場合によっては通常と同じように借りられることがあります。ただ、金利についても全体的に高くなっているので、銀行のような低金利ではありません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ