> キャッシングで借りたお金を繰り上げ返済したいです

キャッシングで借りたお金を繰り上げ返済したいです

キャッシングで借りたお金を繰り上げ返済したいです

キャッシングで借りたお金を繰り上げ返済する方法を教えて下さい!先々月に借りた3万円を一気に返済をしたいと思っています。今のところ1万円は返済できています。残りの2万円と利息分の返済を繰り上げ返済したいんですが、どこでどうしたらできますか?この間の返済はATMでしたんですが、繰り上げ返済もATMでできます?

ATMでは繰り上げ返済することも可能ですよ

キャッシングの繰り上げ返済を上手く活用すると、返済負担を大きく減らすことができます。お金に余裕ができた時は思い切って繰り上げ返済を利用してみると、後の支払いがラクになるのでおすすめですよ!質問者さんの場合は残りの2万円を繰り上げ返済で支払うということですが、以前に1万円を返済した時のようにATMを利用して支払うことも可能となっています。

もし質問者さんが利用しているキャッシング会社の店舗がある場合は、近場の店舗まで出向いて直接支払うこともできますが、店舗まで行く時間がなかったり面倒だったりする場合はATMで返済してしまった方がいいでしょう。

ただし、キャッシング会社によってはATMからの繰り上げ返済ができない、繰り上げ返済をする時に手数料がかかる、といったような問題が発生することもあるので、あらかじめ返済することが可能かチェックしておくことをおすすめします。キャッシング会社によって返済方法は少しずつ異なっていますからね。質問者さんが利用しているキャッシング会社で扱われている返済方法をよ〜く確認した上で繰り上げ返済をしてみてくださいね。

また、基本的に繰り上げ返済は口座の自動引き落としによる支払い方法では利用できないことになっています。キャッシングの返済に利用するための銀行口座をあからじめ登録し、その口座から自動引き落としによって返済金額を支払う、といった方法もありますが、この場合は毎月決まった期日に月々の返済金額を自動的に支払いをするためのサービスとなっているので、繰り上げ返済をすることはできません。

繰り上げ返済は返済期日ではなくてもできる方法ですし、返済金額も決まっているわけではありませんからね。利用者が支払える時に支払える金額を繰り上げて返済できることがメリットなので、返済をする時には口座ではなく先ほども説明したATMや店舗での支払い方法を取るようにしましょう。

そして繰り上げ返済をする時には、改めて利息の計算をしておくことも重要ですよ。利息が日割り計算である場合、毎日利息が変化していきます。今このタイミングでは利息がいくらになるのか?ということまでしっかりと調べてから、繰り上げ返済をするよう注意してくださいね!

キャッシングを繰り上げ返済するにはタイミングが重要

キャッシングをした際に一番気になるのが利息です。できるだけ損をせずに返済したいと思いますよね。利息は借入金額の大きさと、返済期間の長さで決まりますので、いかに元金を減らし、期間を短くするかが勝負のしどころです。今回ご紹介する方法は元金を減らす最もいい方法です。しかもそれほど面倒でもありません。大人しく決められた額と返済日を守っていては損をするだけですので、思い切って行動しましょう。

そこで、やっていただきたいのが繰り上げ返済です。毎月決まった返済額に加え、別に追加して返済する方法です。リボ払いの残りを一括で支払ったり、一部だけを返済したりしていきます。繰り上げ返済の分は全て元金に充てられますので、ガンガン元金が減っていきます。事務手数料などかかりませんので、余裕がある時はどんどん返済して、少しでも利息を減らしていきましょう。

返済方法はATM・窓口支払い・口座振り込みのうちから選べます。ATM・窓口支払いは自由に返済可能ですが、ATMによっては返済できる単位が1千円とか1万円などになっているため、細かい端数は次の返済日に口座振替や振込、窓口などで支払うことになります。

指定の銀行口座に振り込む場合は、事前にカード会社に連絡が必要です。これはたくさんの顧客の中から、誰が振り込んだのか分からなくなってしまうという事故を防止するため必要なのです。一括払いの場合も連絡が必要です。返済日までの利息の計算が必要だからです。振込の際は振込手数料がかかりますので、支払い残額が少ない場合は損をする事もありますので注意してください。

カード会社には、利息を計算する締め日というものがあります。この日の残高により、翌月の支払額が決まります。この締め日の直後に繰り上げ返済をすると、ちょっとだけ損してしまいます。せっかく払った分が反映されるのが翌々月になってしまうからです。例えば、支払日が10日、締め日が15日とすると、10日から14日までの間に繰り上げ返済をした方がお得です。元金が減った上で15日の締め日を迎えるので、翌月の計算にすぐ反映されます。

繰り上げ返済シュミレーションというサイトがあります。借入元金・借入期間・返済済み期間・金利・繰り上げ返済する金額などを入力すれば、どれだけ得をするか、すぐに回答を出してくれます。これはやってみて面白いです。総額いくら得するかのほかにも、期間を短縮した場合や毎月の返済額を変更した場合の結果も出してくれます。繰り上げ返済を計画する際には、ご利用いただくのもいいかと思います。

元金に対して利息がつくという事は、元金が一番大きい、借り入れ当初に繰り上げ返済するのが最もお得です。前半にうんと頑張って、後半は決まった額を支払う。余裕がある時だけ、締め日の前日に繰り上げ返済をする。こんな方法でどうでしょうか。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ